NSX Advanced Load Balancer は、GSLB プール メンバーのホスト名フィールドの構成をサポートします。構成されている場合、このフィールドは GSLB HTTP および HTTPS 健全性モニターの Host ヘッダーとして使用されます。ホスト名フィールドが構成されていない場合、GSLB モニターで CNAME/FQDN が使用されます。

NSX Advanced Load Balancer CLI を使用したホスト名フィールドの構成

NSX Advanced Load Balancer CLI にログインし、select gslbservice モードで hostname <hostname_string> コマンドを使用して、目的の GSLB サービスに GSLB モニターのホスト名を使用します。

  1. 詳細な手順は次のとおりです。

    [admin:ctlr-1]: > configure gslbservice <gslb service name>
  2. where コマンドを使用してプール(グループ)インデックスを特定します。

    [admin:ctlr-1]: gslbservice> where
    
    ------------------------------------------------------------------------------------+
    
    Field
    
    Value
    
    ------------------------------------------------------------------------------------+
    
    uuid gslbservice-ebdd873c-85e8-41d5-be5d-7f0145c68831
    
    name gs1
    
    domain_names[1] abcd.com
    
    groups[1]
    
    name  gs1-pool
    
    priority 9
    
    algorithm GSLB_ALGORITHM_ROUND_ROBIN
    
    members[1]
    
    ip 10.140.61.13
    
    ratio 1
    
    enabled True
    
    hostname  xyz
    
    enabled True
    
    down_response
    
    type GSLB_SERVICE_DOWN_RESPONSE_NONE
    
    health_monitor_refs[1] System-GSLB-HTTPS
    
    controller_health_status_enabled True

    上の例では、1 は gs-pool1 のインデックス値です。

  3. group index コマンドを使用して、目的のプールを選択します。

    [admin:ctlr-1]:gslbservice> groups index <pool_index>
  4. where コマンドを使用してプール メンバー インデックスを特定します。

    [admin:ctlr-1]:gslbservice:groups> where
    
     ----------------------------------------+
    
     Field
    
     Value
    
     ----------------------------------------+
    
     name  gs1-pool
    
     priority 9
    
     algorithm GSLB_ALGORITHM_ROUND_ROBIN
    
     members[1]
    
     ip 10.140.61.13
    
     ratio 1
    
     enabled True
    
     hostname xyz
    
     enabled True
    
     ----------------------------------------+

    上の例では、プール メンバー (10.140.61.13) インデックスは 1 です。

  5. このインデックス値を使用してプール メンバーを選択します。

    [admin:ctlr-1]:gslbservice:groups> members index <pool_memeber_index>
  6. プール メンバーを選択したら、ホスト名を構成します。

    [admin:ctlr-1]:groups:members> hostname <hostname_string>
  7. 構成を保存します(プール メンバーの構成)。

    [admin:ctlr-1]:groups:members>save pool -> save gslbservice
注:

NSX Advanced Load Balancer では、GSLB HTTPS 健全性モニターで SNI 拡張機能もサポートされています。この方法では、ホスト名がサーバ名として使用されます。ホスト名が構成されていない場合は、CNAME または FQDN が健全性モニターに使用されます。