一部のルールは、特定の既知のアプリケーションに対して誤検出を作成します。アプリケーションを CRS と共存させるために、次のルールが使用されます。

カスタム ルールの構文

SecRule 'variable"@unconditionalMatch"' "id:4099803,phase:1,pass,setvar:'TX:crs_exclusions_=1'"</code>

この例では、Wordpress が CRS 除外リストに追加されています。

SecRule REMOTE_ADDR "@unconditionalMatch" "id:4099803,phase:1,pass,setvar:'TX:crs_exclusions_wordpress=1'"
注:

これに加えて、[CRS_903_Application_Specific_Exclusions グループ] を有効にします。たとえば、次に示す [CRS_903_Wordpress_Exclusion_Rules] です。