NSX Advanced Load Balancer リリース 20.1.3 以降では、前のセクションで説明した値の一致パターンに加えて、文字列グループもサポートされます。文字列グループは、次の要素で構成されます。

  • 文字列グループ:一致要素で使用されるキーを含む文字列グループの UUID。

  • キー:PCRE 対応の正規表現。

  1. [テンプレート] > [WAF] > [WAF ポリシー] > [ポジティブ セキュリティ] の順に移動します。

  2. 次に示すように、[新しい引数ルール] を作成する場合に文字列グループを使用するオプションは [一致要素] の下で設定できます。



  3. 文字列グループに、ドロップダウンからデフォルトの [System-PSMGroup-Types] を選択するか、新しい文字列グループを作成します。

  4. デフォルトの [System-PSMGroup-Types] では、次に示すようにいずれかの [キー名] を選択します。



  5. 新しい文字列グループを作成する場合は、次に示すドロップダウンから [作成] を選択します。

  6. 名前を入力し、 [キーと値のペア] のチェックボックスを有効にします。

  7. 新しいキーの名前を入力し、 [値] フィールドに PCRE 対応の式を入力し、次に示す [マップの追加] オプションをクリックします。

  8. 次に示すように、前の手順で作成したキーの名前を入力します。

注:

NSX Advanced Load Balancer がサポートする文字列グループの最大値は 100 です。文字列グループは、最大 1,000 のキー値をサポートします。