このセクションでは、一致タイプについて説明します。

クライアント IP

この一致タイプを使用して、クライアント IP またはクライアント IP グループの信頼済みリストを選択します。

クライアント IP の一致ルールを構成するには、次の手順を実行します。

  1. [一致タイプの追加] の下で一致タイプに [クライアント IP] を選択します。

  2. 権限を提供するために [次と一致] または [次と一致しない] を適切に選択します。

  3. [メソッド] の下にあるドロップダウンをクリックします。

  4. [カスタム値] を選択して、IP アドレスを手動で入力するか、[内部] を選択します。



注:

このクライアント IP の一致タイプは IP グループをサポートします。詳細については、IP グループを参照してください。

HTTP メソッド

GET、CONNECT、DELETE などの HTTP 要求メソッドを使用して特定のタイプの HTTP 要求のみを選択する場合は、このオプションを使用します。

HTTP メソッドに基づいて許可ルールを定義するには、次の手順を実行します。

  1. [一致タイプの追加] の下で一致タイプに [HTTP メソッド] を選択します。

  2. 権限を提供するために [次と一致] または [次と一致しない] を適切に選択します。

  3. 次のように [メソッド] を選択します。



パス

URL を許可リストに追加するには、次の手順を実行します。

  1. [一致タイプの追加] の下で一致タイプに [パス] を選択します。

  2. URL で一致させる必要のある [基準] を選択します。

  3. [文字列グループまたはカスタム文字列] に文字列値を入力します

  4. 大文字と小文字の区別を有効にするには、[大文字と小文字の一致] を選択します。



Host ヘッダー

指定された Host ヘッダー基準に一致する要求にのみルールを適用する場合は、このメソッドを使用します。

Host ヘッダーを許可リストに追加するには、次の手順を実行します。

  1. [一致タイプの追加] の下で一致タイプに [Host ヘッダー] を選択します。

  2. URL で一致させる必要のある [基準] を選択します。

  3. [文字列値] を入力します。