NSX を完全にアンインストールすると、ホスト VIB、NSX Manager、コントローラ、すべての VXLAN の設定、論理スイッチ、論理ルーター、NSX ファイアウォール、および vCenter NSX プラグインが削除されます。クラスタ内のすべてのホストで、次の手順を必ず実行してください。クラスタからのネットワーク仮想化コンポーネントのアンインストールは、vCenter Server から NSX プラグインを削除する前に行うことをお勧めします。

NSX を完全に削除するには、ホストを 2 回再起動する必要があります。1 回目の再起動は、NSX VIB をアンインストールした後に必要です。2 回目の再起動は、ホスト VTEP、および VTEP で使用されている dvPortgroup を削除した後に必要です。

注:

NSX アプライアンスを vCenter Server から直接削除しないでください。NSX アプライアンスの管理と削除は、必ず vSphere Web Client の [Networking and Security] タブから行ってください。

NSX を個々のホストから(クラスタ全体からではなく)削除する場合は、NSX を使用するクラスタからのホストの削除 を参照してください。

前提条件

  • Enterprise Administrator または NSX Administrator のロールが割り当てられている必要があります。

  • ホストの準備を取り消す前に、登録されているパートナー ソリューション、および Endpoint サービスを削除して、クラスタ内のサービス仮想マシンが正常に削除されるようにします。

  • すべての NSX Edge を削除します。NSX Edge Services Gateway または分散論理ルーターのアンインストールを参照してください。

  • トランスポート ゾーンの仮想マシンを論理スイッチから接続解除して、論理スイッチを削除します。論理スイッチのアンインストールを参照してください。

手順

  1. トランスポート ゾーンからクラスタを削除します。

    [論理ネットワークの準備 (Logical Network Preparation)] > [トランスポート ゾーン (Transport Zones)] の順に移動して、トランスポート ゾーンからクラスタを切断します。

    クラスタがグレイアウトされていてトランスポート ゾーンから削除できない場合、原因として 1) クラスタ内のホストが切断されているかパワーオン状態でない、または 2) トランスポート ゾーンに接続された仮想マシンまたはアプライアンスが 1 台以上クラスタに含まれていることが考えられます。たとえば、ホストが管理クラスタに含まれ、そのホストに NSX コントローラ がインストールされている場合は、最初にコントローラを削除または移動します。

  2. トランスポート ゾーンを削除します。
  3. クラスタの VXLAN の設定を解除します。

    次はその例です。

  4. NSX VIB をアンインストールして、ホストの準備を取り消します。

    次のいずれかの方法を選択して、NSX VIB をアンインストールします。最初の 2 つの方法では、クラスタ内のすべてのホストから NSX VIB がアンインストールされます。後の 2 つの方法では、1 度に 1 つのホストから VIB がアンインストールされます。

    • vSphere Web Client で [Networking and Security (Networking & Security)] > [インストール (Installation)] > [ホストの準備 (Host Preparation)] の順に移動して、[アンインストール (Uninstall)] をクリックします。

    • vSphere Web Client で [管理 (Administration)] > [vCenter Server の拡張機能 (vCenter Server Extensions)] > [vSphere ESX Agent Manager] に移動します。[管理 (Management)] タブで vCNS エージェンシーを右クリックして、[エージェンシーの削除 (Delete Agency)] を選択します。

      次はその例です。

    • 準備済みのクラスタから準備されていないクラスタにホストを移動します。

    • ホストで、次のコマンドを実行します。

      • esxcli software vib remove --vibname=esx-vxlan

      • esxcli software vib remove --vibname=esx-vsip

  5. ホストを再起動します。

    ホストから VIB を削除するには、ホストを再起動する必要があります。必要な再起動は、自動的に行われません。ホストの再起動が必要である場合は、[ホストおよびクラスタ] ビューに [(再起動が必要です) ((reboot required))] タグが表示されます。次はその例です。

    以下のいずれかの手順を使用して、ホストを再起動します。

    • ホストを手動で再起動します。

    • クラスタを選択して、[解決 (Resolve)] アクションをクリックします。このアクションにより、クラスタ内のすべてのホストが再起動されます。クラスタで DRS が有効になっている場合は、DRS は、仮想マシンの動作を停止しない制御された方法で、ホストの再起動を試みます。何らかの理由で DRS の操作が失敗した場合、[解決 (Resolve)] アクションは停止します。この場合、仮想マシンを手動で移動して、[解決 (Resolve)] アクションをもう一度実行するか、ホストを手動で再起動する必要があります。

  6. NSX Manager アプライアンス、およびすべての NSX コントローラ アプライアンス仮想マシンをディスクから削除します。
  7. 残りの VTEP VMkernel インターフェイスを削除します。

    次はその例です。

    VTEP VMkernel インターフェイスは、通常、これより前のアンインストール操作で削除されています。

  8. VTEP で使用されている残りの dvPortgroup を削除します。

    次はその例です。

    VTEP で使用されている dvPortgroup は、通常、これより前のアンインストール操作ですでに削除されています。

  9. ホストを再起動します。
  10. NSX Manager プラグインを削除する vCenter Server で、https://your_vc_server/mob の管理対象オブジェクト ブラウザにログインします。
  11. [Content] をクリックします。

    次はその例です。

  12. [ExtensionManager] をクリックします。

  13. [UnregisterExtension] をクリックします。

  14. 文字列 [com.vmware.vShieldManager] を入力して、[メソッドの起動 (Invoke Method)] をクリックします。

  15. vSphere 6 vCenter Server Appliance が動作している場合は、コンソールを起動し、[トラブルシューティング モード オプション (Troubleshooting Mode Options)] で BASH シェルを有効にしてください。

    BASH シェルを有効にする別の方法として、root としてログインし、[shell.set - -enabled true] コマンドを実行します。

  16. NSX の vSphere Web Client ディレクトリを削除して、Web Client サービスを再起動します。

    NSX の vSphere Web Client ディレクトリは com.vmware.vShieldManager.** であり、次の場所にあります。

    • vCenter Server 5.x

      • Windows 2003 – %ALLUSERSPROFILE%\Application Data\VMware\vSphere Web Client\vc-packages\vsphere-client-serenity\

      • Windows 2008/2012 – %ALLUSERSPROFILE%\VMware\vSphere Web Client\vc-packages\vsphere-client-serenity\

      • VMware vCenter Server Appliance – /var/lib/vmware/vsphere-client/vc-packages/vsphere-client-serenity/

    • vCenter Server 6.0.x

      • Windows 2008/2012 – C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client\vc-packages\vsphere-client-serenity\

      • VMware vCenter Server Appliance – /etc/vmware/vsphere-client/vc-packages/vsphere-client-serenity/

    vCenter Server Appliance の場合は、アプライアンス シェルで service vsphere-client restart コマンドを実行します。

    Windows ベースの vCenter Server の場合は、services.msc を実行して、[vSphere Web Client] を右クリックし、[開始 (Start)] をクリックします。

タスクの結果

NSX Manager プラグインは vCenter Server から削除されます。確認するには、vCenter Server をログアウトして、再度ログインします。

NSX Manager プラグイン [Networking and Security (Networking & Security)] アイコンが、vSphere Web Client のホーム画面に表示されなくなります。

[管理] > [クライアント プラグイン (Administration > Client Plug-Ins)] に移動して、プラグインのリストに [NSX ユーザー インターフェイス プラグイン (NSX User Interface plugin)] が含まれていないことを確認します。