Cross-vCenter NSX でのユニバーサル同期で、NSX Services のサブセットを使用できます。

表 1. Cross-vCenter NSX での NSX Services のサポート マトリックス

NSX Service

詳細

NSX 6.2 での Cross-vCenter NSX 同期のサポートの有無

論理スイッチ

トランスポート ゾーン

はい

論理スイッチ

はい

L2 ブリッジ

いいえ

ルーティング

論理(分散)ルーター

はい

論理(分散)ルーター アプライアンス

仕様により未サポート。ユニバーサル論理ルーターごとに複数のアプライアンスが必要な場合は、NSX Manager ごとにアプライアンスを作成する必要があります。これにより、アプライアンスごとに異なる設定が可能となります。これは、ローカル出力側が構成されている環境で必要となります。

NSX Edge Services Gateway

いいえ

論理ファイアウォール

Distributed Firewall

はい

除外リスト

いいえ

SpoofGuard

いいえ

集約フローの フロー モニタリング

いいえ

ネットワーク サービス挿入

いいえ

Edge ファイアウォール

いいえ

VPN

いいえ

論理ロード バランサ

いいえ

その他の Edge サービス

いいえ

Service Composer

いいえ

Data Security

いいえ

ネットワークの拡張性

いいえ

ネットワークおよびセキュリティ オブジェクト

IP アドレス グループ(IP セット)

はい

MAC アドレス グループ(MAC セット)

はい

IP アドレス プール

いいえ

Security Group

サポートあり。ただし、ユニバーサル Security Group には、包含オブジェクトのみを追加でき、動的メンバーシップまたは除外オブジェクトは追加できません

サービス

はい

サービス グループ

はい