NSX 制御プレーンは、NSX Controller クラスタ内で実行されます。NSX Controller は、NSX の論理スイッチングおよびルーティング機能の制御プレーンとして機能する高度な分散状態管理システムです。これは、ネットワーク内のすべての論理スイッチの中央制御点であり、すべてのホスト、論理スイッチ (VXLAN)、および分散論理ルーターの情報を管理します。

コントローラ クラスタで、ハイパーバイザー内の分散スイッチング モジュールとルーティング モジュールを管理します。コントローラを通過するデータプレーン トラフィックはありません。3 つのメンバーのクラスタにコントローラ ノードをデプロイして、高可用性とスケーリングを可能にします。コントローラ ノードに障害が発生しても、データプレーン トラフィックに影響はありません。

NSX Controller は、ネットワーク情報をホスト間に分散することによって機能します。高レベルの復元性を達成するため、NSX Controller はクラスタ化によって、スケール アウトおよび高可用性を実現しています。NSX Controller は、3 ノード クラスタにデプロイする必要があります。3 台の仮想アプライアンスによって、NSX ドメイン内のすべてのネットワーク機能の状態を把握、保持、および更新します。NSX Manager は、NSX Controller ノードをデプロイするために使用されます。

3 台の NSX Controller ノードがコントロール クラスタを形成します。コントローラ クラスタには、「スプリット ブレイン問題」を回避するためにクォーラム(マジョリティともいう)が必要です。スプリット ブレイン問題では、重複する 2 つの異なるデータセットのメンテナンスが原因でデータの不整合が生じます。この不整合は、エラー条件およびデータ同期の問題により発生する可能性があります。3 台の NSX Controller ノードがあることで、いずれか 1 台の NSX Controller ノードで障害が発生したとしても、データの冗長性が維持されます。

コントローラ クラスタには、以下に示すいくつかのロールがあります。

  • API プロバイダ

  • セッション維持サーバ

  • スイッチ マネージャ

  • 論理マネージャ

  • ディレクトリ サーバ

各ロールには、マスター コントローラ ノードがあります。あるロールのマスター コントローラ ノードで障害が発生すると、クラスタはそのロールの新しいマスターを、利用可能な NSX Controller ノードから選択します。そのロールの新しいマスター NSX Controller ノードは、ワークの失われた部分を残りの NSX Controller ノードに再割り当てします。

NSX は、マルチキャスト、ユニキャスト、およびハイブリッドの 3 つの論理スイッチ制御プレーン モードをサポートします。コントローラ クラスタを使用して VXLAN ベースの論理スイッチを管理すると、物理ネットワーク インフラストラクチャからのマルチキャスト サポートの必要がなくなります。マルチキャスト グループの IP アドレスをプロビジョニングする必要はありません。また、物理スイッチまたはルーターで PIM ルーティング機能や IGMP スヌーピング機能を有効にする必要もありません。このため、ユニキャストおよびハイブリッド モードでは、NSX が物理ネットワークから分離されます。ユニキャスト制御プレーン モードの VXLAN では、論理スイッチ内でブロードキャスト、不明なユニキャスト、およびマルチキャスト (BUM) トラフィックを処理するためのマルチキャストをサポートする上で、物理ネットワークが不要になります。ユニキャスト モードでは、すべての BUM トラフィックがホストでローカルにレプリケートされ、物理ネットワーク設定が不要です。ハイブリッド モードでは、パフォーマンス向上のために、一部の BUM トラフィック レプリケーションが第 1 ホップの物理スイッチにオフロードされます。ハイブリッド モードでは、最初のホップのスイッチでの IGMP スヌーピング、および各 VTEP サブネット内の IGMP クエリアにアクセスできることが必要です。