2 つ以上の vCenter Server システムが存在する NSX 環境を、一元管理できます。

複数の vCenter Server システムが必要となる理由はいくつもあります。以下に例を挙げます。

  • vCenter Server のスケール制限に対処するため

  • 専用の vCenter Server、または複数の vCenter Server を必要とする製品(Horizon View や Site Recovery Manager など)に対応するため

  • ビジネス ユニット、テナント、組織、または環境タイプなどで環境を分割するため

NSX 6.1 以前のバージョンでは、複数の vCenter NSX 環境をデプロイする場合、それらを別々に管理する必要があります。NSX 6.2 では、プライマリ NSX Manager 上にユニバーサル オブジェクトを作成すると、それらのオブジェクトが環境内のすべての vCenter Server システムで同期されます。

Cross-vCenter NSX には以下の特長があります。

  • NSX 論理ネットワークのスパンの拡大。vCenter NSX 環境全体で同じ論理ネットワークが使用できるため、任意の vCenter Server システム上の任意のクラスタ上にある仮想マシンを同じ論理ネットワークに接続できます。

  • セキュリティ ポリシー管理の一元化。ファイアウォール ルールが 1 か所で集中管理され、場所または vCenter Server システムに関係なく仮想マシンに適用されます。

  • 複数の Cross-vCenter Server や論理スイッチをまたぐ長距離の vMotion など、vSphere 6 での新しいモビリティ境界のサポート。

  • 都市全体をカバーする距離から 150ms RTT まで、マルチサイト環境のサポートの強化。これには、アクティブ-アクティブ データセンターとアクティブ-パッシブ データセンターが含まれます。

Cross-vCenter NSX 環境には多くの利点があります。

  • ユニバーサル オブジェクトの一元管理。これにより、管理作業が軽減されます。

  • ワークロードのモビリティの向上。仮想マシンの再構成やファイアウォール ルールの変更を行わずに、vCenter Server 間で仮想マシンの vMotion を実行できます。

  • NSX の複数サイト機能およびディザスタ リカバリ機能の強化。

注:

Cross-vCenter NSX 機能は、vSphere 6.0 でのみサポートされます。