NSX 管理プレーンは、NSX Manager によって構築される、NSX の集中ネットワーク管理コンポーネントであり、一元的な設定と REST API のエントリポイントを提供します。

NSX Manager は、vCenter Server 環境内の ESX™ ホストに仮想アプライアンスとしてインストールされます。NSX Manager と vCenter Server は 1 対 1 の関係を持ちます。つまり、1 つの NSX Manager のインスタンスに対し、vCenter Server は 1 台です。これは、Cross-vCenter NSX 環境でも同じです。

Cross-vCenter NSX 環境には、1 つのプライマリ NSX Manager と 1 つ以上のセカンダリ NSX Manager があります。プライマリ NSX Manager を使用すると、ユニバーサル論理スイッチ、ユニバーサル分散論理ルーター、およびユニバーサル ファイアウォール ルールを作成できます。セカンダリ NSX Manager は、特定の NSX Manager のローカルなネットワーク サービスの管理に使用されます。Cross-vCenter NSX 環境では、プライマリ NSX Manager に最大 7 つのセカンダリ NSX Manager を関連付けることができます。