Cross-vCenter NSX 環境では、すべての vCenter Server にわたって使用可能なユニバーサル論理スイッチを作成できます。トランスポート ゾーンのタイプによって、新しいスイッチが論理スイッチまたはユニバーサル論理スイッチのどちらであるかが決まります。論理スイッチをユニバーサルトランスポート ゾーンに追加した場合、その論理スイッチはユニバーサルです。

前提条件

表 1. 論理スイッチまたはユニバーサル論理スイッチの作成の前提条件

論理スイッチ

ユニバーサル論理スイッチ

  • vSphere Distributed Switch が設定されている

  • NSX Manager をインストールがインストールされている

  • コントローラがデプロイされている

  • ホスト クラスタが NSX 用に準備されている

  • VXLAN が設定されている

  • トランスポート ゾーンが作成されている

  • セグメント ID プールが設定されている

  • vSphere Distributed Switch が設定されている

  • NSX Manager をインストールがインストールされている

  • コントローラがデプロイされている

  • ホスト クラスタが NSX 用に準備されている

  • VXLAN が設定されている

  • プライマリ NSX Manager が割り当てられている必要があります。

  • ユニバーサルトランスポート ゾーンが作成されている必要があります。

  • ユニバーサル セグメント ID プールが設定されている必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client で、[ホーム (Home)] > [Networking and Security (Networking & Security)] > [論理スイッチ (Logical Switches)] の順に移動します。
  2. プライマリ NSX Manager を選択します。
  3. [新規論理スイッチ (New Logical Switch)]新規論理スイッチ)アイコンをクリックします。
  4. 論理スイッチの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  5. [転送ゾーン] セクションで [変更 (Change)] をクリックし、トランスポート ゾーンを選択します。ユニバーサルトランスポート ゾーンを選択して、ユニバーサル論理スイッチを作成します。

    デフォルトでは、論理スイッチはトランスポート ゾーンから制御プレーン レプリケーション モードを継承します。このモードは、他の選択可能なモードの 1 つに変更できます。選択可能なモードはユニキャスト、ハイブリッド、およびマルチキャストです。

    作成する論理スイッチの BUM トラフィックの伝送量に関する特性が大幅に異なる場合、個々の論理スイッチの継承したトランスポート ゾーンの制御プレーン レプリケーション モードをオーバーライドする必要が生じることがあります。この場合、ユニキャスト モードとして使用するトランスポート ゾーンを作成し、個々の論理スイッチでハイブリッド モードまたはマルチキャスト モードを使用することができます。

    重要:

    ユニバーサル論理スイッチを作成し、レプリケーション モードとしてハイブリッドを選択する場合、使用するマルチキャスト アドレスが、環境内の NSX Manager 上で割り当てられた他のどのマルチキャスト アドレスとも競合しないようにする必要があります。

  6. (オプション)[IP 検出の有効化 (Enable IP Discovery)] をクリックして ARP 抑制を有効にします。

    この設定により、個々の VXLAN セグメント内、つまり同じ論理スイッチに接続されている仮想マシン間の ARP トラフィックのフラッディングを最小限に抑えることができます。IP 検出はデフォルトで有効になっています。

  7. (オプション)仮想マシンに複数の MAC アドレスが存在する場合や、VLAN をトランキングしている仮想 NIC を仮想マシンで使用している場合は、[MAC ラーニングの有効化 (Enable MAC learning)] をクリックします。

    MAC ラーニングを有効にすると、VLAN/MAC ペアのラーニング テーブルが各 vNIC に構築されます。このテーブルは dvfilter データの一部として保管されます。vMotion の実行時に、dvfilter はこのテーブルを新しい場所に保存してリストアします。次に、スイッチはテーブル内のすべての VLAN/MAC エントリに対して RARP を発行します。

    この例には、デフォルト設定の app 論理スイッチが表示されています。

タスクの結果

DB-Tier-00 は、トランスポート ゾーンに接続された論理スイッチです。この論理スイッチは、これが作成された NSX Manager でのみ使用できます。

DB-Tier-01 は、ユニバーサルトランスポート ゾーンに接続されたユニバーサル論理スイッチです。このユニバーサル論理スイッチは、Cross-vCenter NSX 環境内のどの NSX Manager でも使用できます。

論理スイッチとユニバーサル論理スイッチには、異なるセグメント ID プールからのセグメント ID があります。

論理スイッチとユニバーサル論理スイッチ

次のタスク

仮想マシンをユニバーサル論理スイッチに追加します。

また、ユニバーサル論理ルーターを作成してユニバーサル論理スイッチに接続することもできます。これにより、異なるユニバーサル論理スイッチに接続された仮想マシン間の接続が可能になります。