Cross-vCenter NSX 環境では、複数の vCenter Server を設定できます。各 vCenter Server は、それぞれの NSX Manager とペアリングされている必要があります。1 つの NSX Manager にはプライマリ NSX Manager のロールが割り当てられ、その他の NSX Manager にはセカンダリ NSX Manager のロールが割り当てられます。

プライマリ NSX Manager は、Cross-vCenter NSX 環境の制御プレーンを提供するユニバーサル コントローラ クラスタをデプロイするために使用されます。セカンダリ NSX Manager には、各自のコントローラ クラスタはありません。

プライマリ NSX Manager は、ユニバーサル論理スイッチなどのユニバーサル オブジェクトを作成できます。これらのオブジェクトは、NSX ユニバーサル同期サービスによってセカンダリ NSX Manager に同期されます。セカンダリ NSX Manager では、これらのオブジェクトを表示できますが、編集することはできません。ユニバーサル オブジェクトを管理するには、プライマリ NSX Manager を使用する必要があります。プライマリ NSX Manager を使用して、環境内の任意のセカンダリ NSX Manager を設定できます。

プライマリ NSX Manager とセカンダリ NSX Manager のどちらでも、その特定の vCenter Server NSX 環境に対してローカルなオブジェクト(論理スイッチや分散論理ルーターなど)を作成できます。それらのオブジェクトは、作成された vCenter Server NSX 環境内にのみ存在するようになります。Cross-vCenter NSX 環境の他の NSX Manager には表示されません。

NSX Manager には、スタンドアロン ロールを割り当てることができます。これは、NSX Manager と vCenter Server がそれぞれ 1 つずつある NSX 6.2 以前の環境に相当します。スタンドアロン NSX Manager は、ユニバーサル オブジェクトを作成できません。

注:

NSX 環境にユニバーサル オブジェクトが存在する場合に、プライマリ NSX Manager のロールをスタンドアロンに変更すると、その NSX Manager に移行ロールが割り当てられます。ユニバーサル オブジェクトはそのまま残されますが、変更することはできません。また、他のユニバーサル オブジェクトを作成することもできません。ユニバーサル オブジェクトは、移行ロールから削除できます。移行ロールは、プライマリにする NSX Manager を変更する場合など、一時的な使用に限定する必要があります。