このセクションでは、ネットワーク仮想化の準備ができているクラスタからホストを削除する手順を説明します。たとえば、ホストを NSX に参加させないことを決めた場合などに、削除することができます。

手順

  1. ホストをメンテナンス モードにして、DRS によるホストの退避を待つか、vMotion を使用して、稼動中の仮想マシンをホストから手動で移動します。
  2. ホストを未準備のクラスタに移動するか、クラスタに所属しないスタンドアロン ホストにして、ホストを準備済みクラスタから削除します。

    NSX により、ネットワーク仮想化コンポーネントとサービス仮想マシンがホストからアンインストールされます。

  3. 変更を有効にするには、すべての仮想マシンを移動または停止し、ホストをメンテナンス モードにしてから、ホストを再起動します。

    必要に応じて、再起動をメンテナンス用時間枠まで延期できます。

タスクの結果

NSX VIB がホストから削除されます。確認のために、ホストに SSH 接続し、esxcli software vib list | grep esx コマンドを実行します。次の VIB がホストに存在しないことを確認します。

  • esx-vsip

  • esx-vxlan

VIB がホストに残っている場合は、ログを表示して、VIB の自動削除が機能しなかった理由を判断できます。

次のコマンドを実行して、VIB を手動で削除できます。

  • esxcli software vib remove --vibname=esx-vxlan

  • esxcli software vib remove --vibname=esx-vsip

重要:

これらのコマンドの実行後は、変更を有効にするために、ホストを再起動する必要があります。