NSX Manager は、コントローラ、論理スイッチ、Edge Services Gateway などの、NSX コンポーネントの作成、設定、監視を行うためのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) と REST API を提供します。NSX Manager は、集約されたシステム ビューを提供するものであり、NSX のネットワーク集中管理コンポーネントです。NSX Manager は、vCenter Server 環境内の任意の ESX ホスト上に仮想アプライアンスとしてインストールされます。

NSX Manager 仮想マシンは OVA ファイルとしてパッケージされており、vSphere Web Client を使って NSX Manager をデータストアと仮想マシン インベントリにインポートすることができます。

高可用性を実現するには、HA と DRS が構成されているクラスタに、NSX Manager をデプロイすることをお勧めします。オプションで、NSX Manager と相互運用する vCenter Server とは異なる vCenter Server に NSX Manager をインストールすることもできます。1 つの NSX Manager は 1 つの vCenter Server 環境で動作します。

Cross-vCenter NSX インストールでは、各 NSX Manager に一意の UUID があることを確認します。OVA ファイルからデプロイされた NSX Manager インスタンスには、一意の UUID があります。(仮想マシンをテンプレートに変換する場合など)テンプレートからデプロイした NSX Manager の UUID は、テンプレートを作成するために使用した元の NSX Manager の UUID と同じです。この 2 つの NSX Manager を同じCross-vCenter NSX インストール内で使用することはできません。つまり、NSX Manager ごとに、新しいアプライアンスを、この手順で示されているとおりに最初からインストールする必要があります。

NSX Manager 仮想マシンのインストールには VMware Tools が含まれます。NSX Manager 上で VMware Tools をアップグレードしたり、インストールしたりしないでください。

インストール中に、NSX のカスタマ エクスペリエンス改善プログラム (CEIP) への参加を選択できます。プログラムへの参加または参加を中止する方法については、『NSX 管理ガイド』のNSX のカスタマ エクスペリエンス改善プログラムのセクションを参照してください。

前提条件

  • NSX Manager をインストールする前に、必要なポートが開いていることを確認します。NSX で必要となるポートおよびプロトコルを参照してください。

  • ターゲットの ESX ホストでデータストアが構成されており、アクセスできることを確認します。共有ストレージをお勧めします。高可用性には、元のホストに障害が発生した場合でも別のホストで NSX Manager アプライアンスを再起動できるよう、共有ストレージが必要になります。

  • NSX Manager で使用する IP アドレスとゲートウェイ、DNS サーバの IP アドレス、ドメイン検索リスト、および NTP サーバの IP アドレスを把握していることを確認します。

  • NSX Manager のネットワークを IPv4 アドレスのみ、IPv6 アドレスのみ、またはデュアル スタックのいずれの設定にするかを決定します。NSX Manager のホスト名は他のエンティティによって使用されます。そのため、そのネットワークで使用されている DNS サーバ内の適切な IP アドレスに NSX Manager のホスト名をマップする必要があります。

  • NSX Manager の通信が行われる、管理トラフィックの分散ポート グループを準備します。例:vSphere Distributed Switch の操作を参照してください。NSX Manager の管理インターフェイス、vCenter Server、および ESXi ホストの管理インターフェイスに NSX ゲスト イントロスペクション インスタンスからアクセスできるようにする必要があります。

  • クライアント統合プラグインがインストールされている必要があります。[OVF テンプレートのデプロイ] ウィザードは Firefox Web ブラウザで最も適切に動作します。Chrome Web ブラウザでは、クライアント統合プラグインがすでに正常にインストールされているにもかかわらず、クライアント統合プラグインのインストールに関するエラー メッセージが表示されることがあります。クライアント統合プラグインをインストールするには、次の手順を実行します。

    1. Web ブラウザを開いて、vSphere Web Client の URL を入力します。

    2. vSphere Web Client のログイン ページの下部にある [クライアント統合プラグインのダウンロード] をクリックします。

      クライアント統合プラグインがすでにシステムにインストールされている場合は、同プラグインをダウンロードするためのリンクは表示されません。クライアント統合プラグインをアンインストールすると、同プラグインのダウンロード リンクが、vSphere Web Client のログイン ページに表示されます。

手順

  1. NSX Manager の OVA (Open Virtualization Appliance) ファイルを見つけます。

    ダウンロード URL をコピーするか、OVA ファイルをコンピュータにダウンロードします。

  2. Firefox で、vSphere Web Client を開きます。
  3. [仮想マシンおよびテンプレート (VMs and Templates)] を選択し、使用するデータセンターを右クリックして、[OVF テンプレートのデプロイ (Deploy OVF Template)] を選択します。
  4. ダウンロード URL を張り付けるか、[参照 (Browse)] をクリックしてコンピュータ上のファイルを選択します。
  5. [追加の構成オプションの承諾 (Accept extra configuration options)] チェックボックスを選択します。

    これにより、IPv4 と IPv6 アドレス、デフォルト ゲートウェイ、DNS、NTP、および SSH プロパティを、インストール後に手動で設定するのではなく、インストール中に設定できます。

  6. VMware 使用許諾契約書に同意します。
  7. NSX Manager の名前を編集し(必要な場合)、NSX Manager をデプロイする場所を選択します。

    入力した名前は vCenter インベントリに表示されます。

    選択したフォルダは、NSX Manager への権限を適用するために使用されます。

  8. NSX Manager アプライアンスのデプロイ先であるホストまたはクラスタを選択します。

    次はその例です。

  9. 仮想ディスクのフォーマットを [シック プロビジョニング (Thick Provision)] に変更し、仮想マシンの構成ファイルと仮想ディスク用のターゲット データストアを選択します。
  10. NSX Manager のポート グループを選択します。

    たとえば、このスクリーン ショットでは「Mgmt_DVS - Mgmt」ポートグループを選択しています。

  11. (オプション) [VMware カスタマ エクスペリエンス改善プログラムに参加する (Join the Customer Experience Improvement Program)] チェックボックスを選択します。
  12. NSX Manager の設定オプションを追加で設定します。

    たとえば、この画面には、IPv4 のみのデプロイですべてのオプションを設定した後の最終確認画面が表示されています。

タスクの結果

NSX Manager のコンソールを開いて、ブート プロセスを追跡します。

NSX Manager が完全に起動した後、CLI にログインし、show interface コマンドを実行して、IP アドレスが想定どおりに適用されていることを確認します。

nsxmgr1> show interface
Interface mgmt is up, line protocol is up
  index 3 metric 1 mtu 1500 <UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST>
  HWaddr: 00:50:56:8e:c7:fa
  inet 192.168.110.42/24 broadcast 192.168.110.255
  inet6 fe80::250:56ff:fe8e:c7fa/64
  Full-duplex, 0Mb/s
    input packets 1370858, bytes 389455808, dropped 50, multicast packets 0
    input errors 0, length 0, overrun 0, CRC 0, frame 0, fifo 0, missed 0
    output packets 1309779, bytes 2205704550, dropped 0
    output errors 0, aborted 0, carrier 0, fifo 0, heartbeat 0, window 0
    collisions 0

NSX Manager がそのデフォルト ゲートウェイ、NTP サーバ、vCenter Server、および管理するすべてのハイパーバイザー ホスト上の管理インターフェイスの IP アドレスに ping できることを確認します。

Web ブラウザを開き、NSX Manager の IP アドレスまたはホスト名に移動して、NSX Manager アプライアンスの GUI に接続します。

インストール時に設定したパスワードを使用して [admin] としてログインした後、[サマリの表示 (View Summary)] をクリックし、vPostgres、RabbitMQ、および NSX 管理サービスの各サービスが実行されていることを確認します。

最適なパフォーマンスを得るには、NSX Manager 仮想アプライアンス用にメモリを予約することをお勧めします。メモリ予約は、ホストが仮想マシン用に予約する物理メモリ容量の保証された下限であり、メモリがオーバーコミットされる場合でも、この容量が保証されます。NSX Manager が効率的に動作するのに十分なメモリが確保されるように、予約のレベルを設定します。

次のタスク

NSX Manager に vCenter Server を登録します。