ユニバーサル分散論理ルーターにより、ユニバーサル分散論理ルーター、クラスタ、またはホスト レベルでカスタマイズできる一元管理とルーティング構成を実現できます。

ユニバーサル分散論理ルーターを作成するときは、Local Egress(ローカル出力方向)を有効にするかどうかを選択する必要があります。この選択は、ルーター作成後に変更できません。Local Egress(ローカル出力方向)を使用すると、識別子であるロケール ID に基づいて、どのルートが ESXi ホストに提供されるかを制御できます。

各 NSX Manager には、デフォルトで NSX Manager の UUID に設定されているロケール ID が割り当てられています。次のレベルでロケール ID をオーバーライドできます。

  • ユニバーサル分散論理ルーター

  • クラスタ

  • ESXi ホスト

Local Egress(ローカル出力方向)を有効にしない場合、ロケール ID は無視され、ユニバーサル分散論理ルーターに接続されているすべての ESXi ホストは同じルートを受信します。Cross-vCenter NSX 環境で Local Egress(ローカル出力方向)を有効にするかどうかは設計上の考慮事項ですが、すべての Cross-vCenter NSX 構成で必要というわけではありません。