Syslog サーバを指定すると、NSX Manager は、その Syslog サーバにすべての監査ログとシステム イベントを送信します。

Syslog データは、トラブルシューティングや、インストールおよび構成中、ログに記録されたデータを確認する際に役立ちます。

NSX Edge は 2 台の Syslog サーバをサポートします。NSX Manager と NSX コントローラは 1 台の Syslog サーバをサポートします。

手順

  1. Web ブラウザで、NSX Manager アプライアンスの GUI(https://<nsx-manager-ip> または https://<nsx-manager-hostname>)の順に移動します。
  2. NSX Manager のインストール時に設定したパスワードを使用して admin としてログインします。
  3. [アプライアンス設定の管理 (Manage Appliance Settings)] をクリックします。

    次はその例です。

  4. [設定] パネルから [全般 (General)] をクリックします。
  5. [Syslog サーバ (Edit)] の横にある [編集 (Syslog Server)] をクリックします。
  6. Syslog サーバの IP アドレス/ホスト名、ポート、およびプロトコルを入力します。

    ポートを指定しないと、Syslog サーバの IP アドレス/ホスト名用のデフォルトの UDP ポートが使用されます。

    次はその例です。

  7. [OK] をクリックします。

タスクの結果

vCenter Server のリモート ログが有効になり、ログがスタンドアロンの Syslog サーバに格納されます。