NSX コントローラ障害が発生した場合でも、2 つのコントローラがまだ機能している可能性があります。クラスタの過半数が維持されているため、制御プレーンは機能し続けます。その場合でも、3 つのコントローラをすべて削除してからすべてのコントローラを追加し直すようにしてください。それによって、完全に機能する 3 ノード クラスタが維持されます。

1 つ以上のコントローラで致命的なリカバリ不能エラーが発生した場合、または 1 つ以上のコントローラ仮想マシンがアクセス不能で修復できない状態になった場合は、コントローラ クラスタを削除することをお勧めします。

一部のコントローラが健全に動作していると思われる場合でも、すべてのコントローラを削除することをお勧めします。新しいコントローラを作成してから NSX Manager の [コントローラ状態の更新] メカニズムを使用して、2 つのコントローラの状態を同期させる方法をお勧めします。

手順

  1. vSphere Web Client にログインします。
  2. [Networking and Security] で、[インストール手順] > [管理] の順にクリックします。
  3. [NSX コントローラ ノード] セクションで、各コントローラをクリックして、画面のスクリーン ショットを作成するか、画面を印刷します。または、後で参照できるように設定情報をメモします。

    次はその例です。

  4. [NSX コントローラ ノード] セクションで、各コントローラを選択し、[ノードの削除 (x)] アイコンをクリックして、3 つのコントローラをすべて削除します。

    システムにコントローラが存在しなくなると、ホストはいわゆる「ヘッドレス」モードで動作します。新しい仮想マシンまたは vMotion で移動された仮想マシンは、新しいコントローラがデプロイされ同期が完了するまで、ネットワークの問題が発生した状態になります。

  5. [ノードの追加 (+)] アイコンをクリックして、3 台の新しい NSX コントローラ ノードをデプロイします。
  6. [コントローラの追加] ダイアログ ボックスで、ノードを追加するデータセンターを選択し、コントローラを設定します。
    1. 適切なクラスタを選択します。
    2. クラスタおよびストレージでホストを選択します。
    3. 分散ポートグループを選択します。
    4. ノードに割り当てられる IP アドレス プールを選択します。
    5. [OK] をクリックして、インストールが完了するまで待ち、すべてのノードのステータスが [標準] になっていることを確認します。
  7. [アクション] > [コントローラ状態の更新] の順にクリックして、コントローラの状態を再同期します。

    コントローラ状態の更新によって、最新の VXLAN および分散論理ルーター設定(Cross-vCenter NSX 環境内のユニバーサル オブジェクトを含む)が、NSX Manager からコントローラ クラスタにプッシュされます。