Intermediate System to Intermediate System (IS-IS) は、パケットスイッチ型ネットワークを経由したデータグラムの最適なルートを決定することによって情報を移動するように設計されたルーティング プロトコルです。

大規模なルーティング ドメインをサポートするため、2 レベルの階層が使用されます。大規模なドメインは、複数のエリアに分割されます。1 つのエリア内のルーティングは、レベル 1 ルーティングと呼ばれます。エリア間のルーティングは、レベル 2 ルーティングと呼ばれます。レベル 2 の中間システム (IS) では、送信先エリアへのパスが追跡されます。レベル 1 の IS では、そのエリア内でのルーティングが追跡されます。別のエリアに送信されるパケットでは、送信先エリアに関係なく、レベル 1 の IS からそのエリア内で最も近いレベル 2 の IS にパケットが送信されます。パケットはレベル 2 ルーティングを経由して送信先エリアに送信されます。この場合、レベル 1 ルーティングを経由して送信先に送信されることもあります。レベル 1 およびレベル 2 両方の IS は、レベル 1-2 と呼ばれます。

注:

IS-IS プロトコルは NSX で試験的にサポートされています。

手順

  1. vSphere Web Client にログインします。
  2. [Networking and Security (Networking & Security)] をクリックし、[NSX Edge (NSX Edges)] をクリックします。
  3. NSX Edge をダブルクリックします。
  4. [ルーティング (Routing)] をクリックし、[IS-IS] をクリックします。
  5. [編集 (Edit)] をクリックし、[IS-IS の有効化 (Enable IS-IS)] をクリックします。
  6. [システム ID] に値を入力し、IS-IS タイプを選択します。

    レベル 1 はエリア内、レベル 2 はエリア間、レベル 1-2 はこの両方です。レベル 2 ルーターは、他のレベル 2 ルーターのみとやりとりできるエリア間ルータです。ルーティング情報はレベル 1 ルーターと他のレベル 1 ルーターとの間で交換されます。同様に、レベル 2 ルーターは他のレベル 2 ルーターのみと情報を交換します。レベル 1-2 ルーターは、両方のレベルで情報を交換し、エリア内ルーターとエリア間ルーターを接続するのに使用されます。

  7. [ドメイン パスワード (Domain Password)][エリア パスワード (Area Password)] に値を入力します。エリア パスワードが挿入されてレベル 1 リンク状態パケットがチェックされ、レベル 2 リンク状態パケットのドメイン パスワードがチェックされます。
  8. IS-IS エリアを定義します。
    1. [エリア (Areas)][追加 (Add)] アイコンをクリックします。
    2. エリアの IP アドレスを 3 個まで入力します。
    3. [保存 (Save)] をクリックします。
  9. インターフェイス マッピングを設定します。
    1. [インターフェイス マッピング (Interface Mapping)][追加 (Add)] アイコンをクリックします。
    2. レベル 1、レベル 2、レベル 1-2 隣接のどのインターフェイスを構成しているかを示す [回路タイプ] を選択します。
    3. [Hello 間隔 (Hello Interval)] には、インターフェイスで送信された Hello パケット間のデフォルト間隔(ミリ秒単位)が表示されます。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    4. [Hello 乗数 (Hello Multiplier)] には、ネイバーの IS-IS Hello パケットがいくつ失敗するとそのネイバーがダウンしていると判断されるかを決定するデフォルトの数が表示されます。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    5. [LSP 間隔 (LSP Interval)] には、連続的な IS-IS リンク状態パケット (LSP) 転送間の遅延時間(ミリ秒単位)が表示されます。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    6. [メトリック (Metric)] に、インターフェイスのデフォルト メトリックが表示されます。これは、ネットワーク内でリンクを経由して各インターフェイスから他の場所へ送信される場合のコストを計算するために使用されます。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    7. [優先順位 (Priority)] に、インターフェイスの優先順位が表示されます。優先順位が最も高いインターフェイスが、指定ルーターになります。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    8. [メッシュ グループ] に、このインターフェイスが属すメッシュ グループを識別する数値を入力します。必要に応じてデフォルト値を編集します。
    9. インターフェイスの認証パスワードを入力し、[OK] をクリックします。必要に応じてデフォルト値を編集します。
  10. [変更の発行 (Publish Changes)] をクリックします。