Indiana HB-1101 は、インディアナ州のデータ プライバシー法で、個人識別可能な情報を保護します。Indiana HB-1101 は 2005 年 4 月 26 日に署名され、2006 年 7 月 1 日に有効になりました。この法律は、個人識別可能な情報を含む暗号化されていないコンピュータ データを所有する、またはそれらをライセンス供与している、あらゆる個人、企業、事業信託、地所、信託パートナーシップ、組合、非営利団体または組織、協同組合、または他の法人に適用されます。

このポリシーは、個人識別可能な情報にマッチする項目が少なくとも 1 つあるかどうかを探します。これには次のものが含まれます。

  • クレジット カード番号

  • クレジット カード トラック データ

  • 米国運転免許証番号

  • 米国社会保障番号