NSX の準備で使用されるコンポーネントを理解しておくことは、一般的な問題を特定し解決するために重要です。

NSX インフラストラクチャを準備するためのコンポーネント

  • vSphere ESX Agent Manager (EAM)

  • NSX Manager

  • コントローラ クラスタ(ユニキャストを使用している場合、ハイブリッド モードまたは分散論理ルーティング)

  • VTEP(ESXi ハイパーバイザー)

  • ユーザー ワールド エージェント (UWA)

  • vSphere Distributed Switch

NSX Manager と ESXi ハイパーバイザー ホスト間の制御プレーンの通信は、RabbitMQ ベースのメッセージング サービスによって提供されます。コントローラ クラスタと ESXi ハイパーバイザー ホスト間の制御プレーンの通信は、クライアントとしてホストで実行される netcpa ユーザー ワールド エージェントに依存します。

図 1. コンポーネントとその通信の概要ビュー

インフラストラクチャの準備を成功させるためのヒント

VMware 製品の相互運用性マトリックスの Web サイトでは、NSX の互換性と、バージョンの要件についての情報を提供しています。http://partnerweb.vmware.com/comp_guide2/sim/interop_matrix.phpを参照してください。

バージョン 5.5 以降の vSphere Distributed Switch を使用していることを確認してください。

管理、サービス、およびゲートウェイには別々の分散仮想スイッチを使用します。

ブレードを使用する場合は、NIC チーミングの方法を慎重に選択してください。シャーシのスイッチは、最低限の機能のみがサポートされています。

インストール時には、ホストの準備を進める前に、コントローラ クラスタが展開され、すべての状態が正しいことを確認してください。

アップグレードする前にコントローラが接続されており、すべての状態が正しいことを確認します。『NSX アップグレード ガイド』を参照してください。