vCenter Server の各クラスタ レベルにネットワーク インフラストラクチャ コンポーネントをインストールし、ネットワーク仮想化環境の準備を行う必要があります。これにより、必要なソフトウェアがクラスタ内のすべてのホストにインストールされ、仮想ワイヤーから NSX 論理スイッチに変更されます。このプロセスで、クラスタ内の各ホストはソフトウェアの更新を受け取り、再起動されます。

環境内で仮想ワイヤーがある場合は、NSX Manager へのアップグレード後にホスト クラスタを更新する必要があります。

データ センターのメンテナンス期間中にホスト クラスタを更新することをお勧めします。

DRS が有効である場合、ホストの退避の進捗、メンテナンス モードに入るホスト、およびホストの再起動を監視します。DRS が無効、あるいは手動モードである場合、ホストの退避と再起動は手動で実行する必要があります。ホストの準備中に、警告が発生する場合があり、警告のアイコンをクリックして表示できます。必要な場合は、[解決 (Resolve)] をクリックします。

アップグレードの進行中は、いずれのサービスまたはコンポーネントについてもデプロイ、アップグレード、またはアンインストールを実行しないでください。

注:

vCloud Networking and Security で作成された VTEP は、DHCP または手動で割り当てられた IP アドレスを使用します。IP アドレス プールは使用しません。

前提条件

  • vShield Manager が NSX Manager にアップグレードされていることを確認します。

  • [ホストの準備] タブの [VXLAN] 列で、[有効 (Enabled)] と表示されていることを確認します。

  • すべてのホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を解決できることを確認します。

  • DRS が無効な場合は、アップグレードを開始する前に、手動で仮想マシンのパワーオフまたは vMotion を実行します。

  • DRS が有効な場合は、実行中の仮想マシンは、ホスト クラスタのアップグレード中に自動的に移動されます。アップグレードを開始する前に、環境内で DRS が機能できることを確認します。

    • ホスト クラスタで DRS が有効になっていることを確認します。

    • vMotion が正しく機能していることを確認します。

    • ホストと vCenter Server の接続状態を確認します。

    • 各ホスト クラスタに、少なくとも 3 台の ESXi ホストがあることを確認します。1 台または 2 台のホストを持つホスト クラスタでは、NSX のアップグレード中に、DRS のアドミッション コントロールの問題が発生することがあります。NSX を正しくアップグレードするため、各ホスト クラスタに少なくとも 3 台のホストを含めることをお勧めします。クラスタに含まれるホストが 3 台より少ない場合は、ホストを手動で退避させることが推奨されます。

手順

  1. vSphere Web Client にログインします。
  2. [Networking and Security (Networking & Security)] をクリックし、[インストール手順 (Installation)] をクリックします。
  3. [ホストの準備 (Host Preparation)] タブをクリックします。

    インフラストラクチャ内のすべてのクラスタが表示されます。

    バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用していた場合、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に [レガシー (legacy)][更新 (Update)] および [アンインストール (Uninstall)] と表示されます。

    図 1. バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用している場合、[インストールの状態] が [更新] と表示される
    更新

    バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用していなかった場合、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に [インストール (Install)] と表示されます。

    図 2. バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用している場合、 [インストールの状態] に [インストール] と表示される
    ホスト

  4. 個々のクラスタで、[インストールの状態] 列の [更新 (Update)] または [インストール (Install)] をクリックします。

    クラスタ内の各ホストが新しい論理スイッチ ソフトウェアを受け取ります。

    ホストのアップグレードによりホストのスキャンが開始されます。以前の VIB は削除されます(再起動までは完全には削除されません)。新しい VIB が altboot パーティションにインストールされます。まだ再起動されていないホスト上の新しい VIB を表示するには、esxcli software vib list --rebooting-image | grep esx コマンドを実行します。

  5. [インストール ステータス (Installation Status)] 列に緑色のチェック マークが表示されるまで、インストールを監視します。

    クラスタで DRS が有効になっている場合、DRS は、仮想マシンの動作を停止しない制御された方法で、ホストの再起動を試みます。vMotion は実行中の仮想マシンをクラスタ内の他のホストに移動し、ホストをメンテナンス モードにします。

    高可用性の要件や DRS ルールの設定など、ホストをメンテナンス モードにする前に手動による作業が必要な場合は、アップグレード プロセスが停止し、クラスタの [インストールの状態 (Installation Status)][準備ができていません (Not Ready)] と表示されます。エラー をクリックしてエラーを表示します。

    ホストを手動で退避させた後、クラスタを選択して [解決 (Resolve)] アクションをクリックします。[解決 (Resolve)] アクションにより、アップグレードの完了と、クラスタ内の全ホストの再起動が試行されます。何らかの理由でホストの再起動が失敗した場合、[解決 (Resolve)] アクションは停止します。[ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] ビューでホストを参照し、ホストがパワーオンおよび接続されていて、実行中の仮想マシンが含まれないことを確認します。再び [解決 (Resolve)] アクションを実行します。

タスクの結果

5.5 インフラストラクチャ内のすべての仮想ワイヤーの名前が NSX 論理スイッチに変更され、クラスタの [VXLAN] 列に [有効 (Enabled)] と表示されます。

[ホストの準備] タブの [VXLAN] 列に [有効 (Enabled)] と表示されていることを確認します。

クラスタが更新されると、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に更新が完了したソフトウェア バージョンが表示されます。

ホストの更新を確認するには、クラスタ内のホストのいずれかにログインして esxcli software vib list | grep esx コマンドを実行します。次の VIB が正しいバージョンに更新されたことを確認します。

  • esx-vsip

  • esx-vxlan

注:

NSX 6.2 では、esx-dvfilter-switch-security VIB は、esx-vxlan VIB の中に組み込まれています。

ホストのアップグレードに失敗した場合は、次のトラブルシューティング手順を実行します。

  • vCenter Server の ESX Agent Manager で、アラートおよびエラーを確認します。

  • ホストにログインし、/var/log/esxupdate.log ログ ファイルで最近のアラートとエラーを確認します。

  • DNS と NTP がホストに設定されていることを確認します。

次のタスク

VXLAN ポートの変更