vShield Manager から NSX へのアップグレード バンドルには、NSX インフラストラクチャのアップグレードに必要なすべてのファイルが含まれています。vShield Manager をアップグレードする前に、まず、アップグレードするバージョンに対応したアップグレード バンドルをダウンロードする必要があります。

前提条件

MD5 チェックサム ツールを用意します。

手順

  1. vShield Manager から NSX へのアップグレード バンドルを、vShield Manager から参照できる場所にダウンロードします。アップグレード バンドルのファイル名は、VMware-vShield-Manager-upgrade-bundle-to-NSX-releaseNumber-NSXbuildNumber.tar.gz のような形式になっています。
  2. アップグレード バンドルのファイル名の最後が tar.gz になっていることを確認します。

    一部のブラウザでファイル拡張子が変更される場合があります。たとえば、ダウンロード ファイルの名前が

    VMware-vShield-Manager-upgrade-bundle-to-NSX-6.x.x-xxxxx.gz の場合は、

    次のように名前を変更します。

    VMware-vShield-Manager-upgrade-bundle-to-NSX-6.x.x-xxxxx.tar.gz

    このように変更しないと、アップグレード バンドルのアップロード後に次のようなエラー メッセージが表示されます。「無効なアップグレード バンドル ファイル VMware-vShield-Manager-upgrade-bundle-to-NSX-6.x.x-xxxxx,gz です。アップグレード ファイル名の拡張子は tar.gz です。」

  3. MD5 チェックサム ツールを使用して、VMware Web サイトに公開されているアップグレード バンドルの公式な MD5 サムと、チェックサム ツールで計算された MD5 サムを比較します。
    1. MD5 チェックサム ツールで、アップグレード バンドルを参照します。
    2. ツールを使用して、バンドルのチェックサムを計算します。
    3. VMware Web サイトにリストされているチェックサムをコピーアンドペーストします。
    4. ツールを使用して 2 つのチェックサムを比較します。

    2 つのチェックサムが一致しない場合は、アップグレード バンドルのダウンロードをやり直します。