インストールされた NSX VIB を有効にするには、ホストを再起動する必要があります。再起動する前に vCloud Director にあるホストを無効にする必要があります。これにより、再起動中に vCloud Director によってこれらのホストが使用されなくなります。

前提条件

  • すべてのホストのステータスが [準備ができていません (Not Ready)] になっていることを確認します。

  • 1 台のホストが稼動しなくても、一時的に実行できるだけの十分なキャパシティが各 vSphere クラスタにあることを確認します。

  • DRS が有効であり、[手動] に設定されていないことを確認します。

手順

  1. vCloud Director で、ホストを無効にします。
    1. [管理および監視 (Manage & Monitor)] > [ホスト (Hosts.)] の順に移動します。
    2. ホストを右クリックして、[ホストを無効にする (Disable Host)] を選択します。
  2. vSphere Web Client で、[ホーム (Home)] > [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] の順に移動します。
  3. vCloud Director で無効にしたホストを右クリックして、[メンテナンス モードに切り替え (Enter Maintenance Mode)] を選択します。[メンテナンス モードの確認] ダイアログ ボックスで、[クラスタにある他のホストにパワーオフおよび中断された仮想マシンを移動する (Move powered-off and suspended virtual machines to other hosts in the cluster)] を選択して、[OK] をクリックします。
  4. 他のホストにすべての仮想マシンが移行しない場合、手動で移動します。
  5. ホストがメンテナンス モードに切り替わったら、ホストを右クリックして、[再起動 (Reboot)] を選択します。再起動の理由を入力し、[OK] をクリックします。
  6. ホストがバックアップされたら、[メンテナンス モードを終了 (Exit Maintenance Mode)] を選択します。
  7. vCloud Director で、ホストを有効にします。
    1. [管理および監視 (Manage & Monitor)] > [ホスト (Hosts.)] の順に移動します。
    2. ホストを右クリックして、[ホストを有効にする (Enable Host)] を選択します。
  8. vCloud Director でホストが有効になったら、次のホストでこれらの手順を繰り返します。

タスクの結果

5.5 インフラストラクチャ内のすべての仮想ワイヤーの名前が NSX 論理スイッチに変更され、クラスタの [VXLAN] 列に [有効 (Enabled)] と表示されます。

[有効 (Enabled)]

クラスタが更新されると、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に更新が完了したソフトウェア バージョンが表示されます。

ホストの更新を確認するには、クラスタ内のホストのいずれかにログインして esxcli software vib list | grep esx コマンドを実行します。次の VIB が正しいバージョンに更新されたことを確認します。

  • esx-vsip

  • esx-vxlan

注:

NSX 6.2 では、esx-dvfilter-switch-security VIB は、esx-vxlan VIB の中に組み込まれています。

ホストのアップグレードに失敗した場合は、次のトラブルシューティング手順を実行します。

  • vCenter Server の ESX Agent Manager で、アラートおよびエラーを確認します。

  • ホストにログインし、/var/log/esxupdate.log ログ ファイルで最近のアラートとエラーを確認します。

  • DNS と NTP がホストに設定されていることを確認します。

次のタスク

NSX コントローラ クラスタを展開済みの場合、オプションで制御プレーンのモードを変更することができます。「vCloud Director 環境でのトランスポート ゾーンと論理スイッチの更新」を参照してください。

NSX コントローラ クラスタを展開していない場合は、「vCloud Director 環境での vShield Edge アップグレードの決定」を参照してください。