環境内に Data Security がある場合は、NSX にアップグレード前にアンインストールしておきます。

NSX Data Security は、NSX 6.2.3 のリリースでは推奨されない機能です。NSX 6.2.3 では、ユーザーの判断でこの機能を引き続き使用できます。ただし、この機能は NSX の今後のリリースでは削除されることにご注意ください。

手順

  1. vShield Manager 5.5 のインベントリ パネルから、[Datacenters] フォルダを展開し、vShield Data Security がインストールされているホストに移動します。
  2. vShield Data Security がインストールされている各ホストで、次の手順を完了して、アンインストールします。
    1. ホストをクリックして、[vShield ホスト準備] ペインの [サマリ (Summary)] タブで、vShield Data Security の [アンインストール (Uninstall)] リンクをクリックします。
    2. [アンインストールするサービスを選択します] ペインで、vShield Data Security が選択されていることを確認し、[アンインストール (Uninstall)] ボタンをクリックします。

      vShield Data Security がアンインストールされ、[vShield ホスト準備] ペインに、インストールされていません という状態が表示されます。