vCloud Director 環境では、クラスタで VIB をアップグレードする前に DRS を手動に設定する必要があります。これを行わないと、NSX がホストをメンテナンス モードに切り替えようとします。

前提条件

  • vShield Manager が NSX Manager にアップグレードされていることを確認します。

  • [ホストの準備] タブの [VXLAN] 列で、[有効 (Enabled)] と表示されていることを確認します。

  • すべてのホストの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を解決できることを確認します。

  • アップグレードを開始する前に、環境内で DRS が機能できることを確認します。

    • ホスト クラスタで DRS が有効になっていることを確認します。

    • vMotion が正しく機能していることを確認します。

    • ホストと vCenter Server の接続状態を確認します。

    • 各ホスト クラスタに、少なくとも 3 台の ESXi ホストがあることを確認します。1 台または 2 台のホストを持つホスト クラスタでは、NSX のアップグレード中に、DRS のアドミッション コントロールの問題が発生することがあります。NSX を正しくアップグレードするため、各ホスト クラスタに少なくとも 3 台のホストを含めることをお勧めします。クラスタに含まれるホストが 3 台より少ない場合は、ホストを手動で退避させることが推奨されます。

  • DRS が有効な場合は、実行中の仮想マシンは、ホスト クラスタのアップグレード中に自動的に移動されます。アップグレードを開始する前に、環境内で DRS が機能できることを確認します。

    • ホスト クラスタで DRS が有効になっていることを確認します。

    • vMotion が正しく機能していることを確認します。

    • ホストと vCenter Server の接続状態を確認します。

    • 各ホスト クラスタに、少なくとも 3 台の ESXi ホストがあることを確認します。1 台または 2 台のホストを持つホスト クラスタでは、NSX のアップグレード中に、DRS のアドミッション コントロールの問題が発生することがあります。NSX を正しくアップグレードするため、各ホスト クラスタに少なくとも 3 台のホストを含めることをお勧めします。クラスタに含まれるホストが 3 台より少ない場合は、ホストを手動で退避させることが推奨されます。

手順

  1. vSphere Web Client で、[ホーム (Home)] > [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] の順に移動します。
  2. ホスト クラスタで DRS を手動に設定します。vCloud Networking and Security がインストールされているすべてのクラスタでこれらの手順を繰り返します。
    警告:

    DRS は無効にしないでください。DRS を無効にすると、リソース プールが削除され、vCloud Director インストール環境で不具合が発生します。

    1. クラスタを選択し、次に、[管理 (Manage)] > [設定 (Settings)] > [vSphere DRS] の順に移動します。
    2. この変更は後で戻しますので、現在の [DRS 自動化 (DRS Automation)] の設定をメモしておきます。
    3. [編集 (Edit)] をクリックします。[DRS 自動化 (DRS Automation)] セクションで、[手動 (Manual)] を選択して、[OK] をクリックします。
  3. [ホーム (Home)] > [Networking and Security (Networking & Security)] > [インストール手順 (Installation)] の順に移動します。
  4. [ホストの準備 (Host Preparation)] タブをクリックします。

    インフラストラクチャ内のすべてのクラスタが表示されます。

    バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用していた場合、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に [レガシー (legacy)][更新 (Update)] および [アンインストール (Uninstall)] と表示されます。

    図 1. バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用している場合、[インストールの状態] が [更新] と表示される
    更新

    バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用していなかった場合、[インストールの状態 (Installation Status)] 列に [インストール (Install)] と表示されます。

    図 2. バージョン 5.5 の環境内で仮想ワイヤーを使用している場合、 [インストールの状態] に [インストール] と表示される
    ホスト

  5. 個々のクラスタで、[インストールの状態] 列の [更新 (Update)] または [インストール (Install)] をクリックします。

    クラスタ内の各ホストが新しい論理スイッチ ソフトウェアを受け取ります。

    ホストのアップグレードによりホストのスキャンが開始されます。以前の VIB は削除されます(再起動までは完全には削除されません)。新しい VIB が altboot パーティションにインストールされます。まだ再起動されていないホスト上の新しい VIB を表示するには、esxcli software vib list --rebooting-image | grep esx コマンドを実行します。

  6. [インストールの状態 (Installation Status)] 列に [準備ができていません (Not Ready)] と表示されるまで、インストールの進捗を監視します。

    [解決 (Resolve)] をクリックしないでください。

  7. [ホーム (Home)] > [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] の順に移動します。
  8. ホスト クラスタで DRS の変更を戻します。NSX がインストールされているすべてのクラスタでこれらの手順を繰り返します。
    1. クラスタを選択し、次に、[管理 (Manage)] > [設定 (Settings)] の順に移動します。
    2. [vSphere DRS] を選択し、[編集 (Edit)] をクリックします。[DRS 自動化 (DRS Automation)] セクションで、元の DRS 設定を選択して、[OK] をクリックします。

次のタスク

vCloud Director 環境で VIB をインストールした後の手動によるホストの再起動