vCloud Director 5.x を使用している場合、NSX にアップグレードした後に、レガシーの vShield Edge アプライアンスが NSX Edge として展開されないようにデータベースを変更する必要があります。

レガシーの Edge Services Gateway を VMware NSX 6.x にアップグレードしないように注意してください。アップグレード、vCloud Director との互換性がなくなります。vCloud Director 5.x は、Edge が再展開されるときに vCloud Director 上の Edge をアップグレードします。この動作を防ぐには、vCloud Network and Security を移行する前に、次に示すデータベースの変更を vCloud Director で行う必要があります。

詳細については、ナレッジベースの記事http://kb.vmware.com/kb/2096351 および http://kb.vmware.com/kb/2108913 を参照してください。

手順

  1. vCloud Director SQL Server データベースにログインします。
  2. この行を構成テーブルに追加します。
    INSERT INTO config (cat, name, value, sortorder) VALUES ('vcloud','networking.edge_version_for_vsm6.2', '5.5', 0);
    注:

    NSX 6.1 が使用されている場合、networking.edge_version_for_vsm6.1 を使用し、NSX 6.0 が使用されている場合、networking.edge_version_for_vsm6.0 を使用します。