vCloud Networking and Security のアップグレードには時間がかかる場合があります。アップグレード中の vCloud Networking and Security コンポーネントの動作状態を理解することが重要です。

vCloud Networking and SecurityNSX 6.2 にアップグレードするには、次の順番で NSX のコンポーネントをアップグレードする必要があります。

  • vShield Manager

  • vShield Endpoint

1 回の停止期間でアップグレードを実行することをお勧めします。この理由は、ダウンタイムを最小に抑えること、またアップグレード中に一部の vCloud Networking and Security 管理機能を利用できなくなるため、vCloud Networking and Security ユーザーの混乱を回避することです。しかし、サイトの要件により 1 回の停止期間でアップグレードを完了できない場合、以下の情報を参照することで、vCloud Networking and Security ユーザーはアップグレード中にどの機能が利用可能かを把握できます。

vCenter Server のアップグレード

vCenter Server に組み込みの SSO を使用していて、vCenter Server 5.5 を vCenter Server 6.0 にアップグレードする場合、vCenter Server で vShield Manager との接続が失われることがあります。この状態は、vCenter Server 5.5 が root ユーザー名で vShield に登録されていた場合に発生します。NSX 6.2 以降では、root ユーザー名を使用した vCenter Server の登録は廃止されました。回避策として、root の代わりに administrator@vsphere.local のユーザー名を使用して、vCenter Server を vShield に登録します。

外部の SSO を使用している場合、変更は必要ありません。今までと同じユーザー名(admin@mybusiness.mydomain など)をそのまま使用することができ、vCenter Server との接続は失われません。

vShield Manager のアップグレード

アップグレード中:

  • vShield Manager の設定はブロックされます。vShield API サービスは利用できません。vShield の設定は変更できません。既存の仮想マシンの接続は引き続き機能します。

アップグレード後:

  • vShield と NSX の設定の変更はすべて許可されます。

ゲスト イントロスペクションへの vShield Endpoint の移行

NSX 6.x では、vShield Endpoint の名称はゲスト イントロスペクションに変更されました。NSX Manager をアップグレードした後に、[Networking and Security] > [インストール手順] > [サービス デプロイ] の順に移動すると、ゲスト イントロスペクション サービスに [アップグレード] リンクが表示されます。vCloud Networking and SecurityNSX にアップグレードする場合、ゲスト イントロスペクション仮想マシンとホスト エージェントが、ゲスト イントロスペクションが有効になっているクラスタの各ホストに展開されます。

アップグレード中:

  • 仮想マシンの追加や vMotion による移行または削除など、仮想マシンが変更される場合、NSX クラスタの仮想マシンは保護されなくなります。

アップグレード後:

  • 仮想マシンの追加、削除、また vMotion の実行中、仮想マシンは保護されます。