パートナー ソリューションにホスト常駐型の仮想アプライアンスが含まれる場合は、ソリューションを NSX Manager で登録した後にサービスを展開できます。

前提条件

次のように設定されていることを確認します。

  • パートナー ソリューションは、NSX Manager を使用して登録されます。

  • NSX Manager から、パートナー ソリューションの管理コンソールにアクセスできます。

手順

  1. [Networking and Security] をクリックし、[インストール手順] をクリックします。
  2. [サービス デプロイ] タブをクリックし、[新しいサービスのデプロイ]追加)アイコンをクリックします。
  3. [ネットワークおよびセキュリティ サービスのデプロイ] ダイアログ ボックスで、適切なソリューションを選択します。
  4. [スケジュールを指定する] (ダイアログ ボックス下部)で、[今すぐデプロイする] を選択してソリューションをすぐにデプロイするか、デプロイの日付と時間を選択します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. ソリューションをデプロイするデータセンターおよびクラスタを選択し、[次へ] をクリックします。
  7. ソリューション サービス仮想マシン ストレージを追加するデータストアを選択するか、[ホスト上が指定済み] を選択します。

    選択したデータストアは、選択したクラスタ内のすべてのホストで利用可能である必要があります。

    [ホスト上が指定済み] を選択した場合、そのホストの [エージェント仮想マシンの設定] で ESX ホストのデータストアを指定してから、ホストをクラスタに追加する必要があります。vSphere API/SDK のドキュメントを参照してください。

  8. 管理インターフェイスをホストする分散仮想ポート グループを選択します。このポート グループには NSX Manager のポート グループへのアクセスが必要です。

    ネットワークが [ホスト上が指定済み] に設定されている場合、使用するネットワークは、クラスタの各ホストの [エージェント仮想マシンの設定] > [ネットワーク] プロパティで指定されている必要があります。vSphere API/SDK のドキュメントを参照してください。

    エージェント仮想マシンをクラスタに追加する前に、ホストでエージェント仮想マシンのネットワーク プロパティを設定する必要があります。[管理] > [設定] > [エージェント仮想マシン設定] > [ネットワーク] の順に移動し、[編集] をクリックして、エージェント仮想マシンのネットワークを設定します。

    選択したポート グループは、選択したクラスタのすべてのホストで利用できる必要があります。

  9. [IP 割り当て] で、次のいずれかを選択します。

    選択

    宛先

    DHCP

    DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) を使用してサービス仮想マシンに IP アドレスを割り当てます。

    IP アドレス プール

    選択された IP アドレス プールの IP アドレスをサービス仮想マシンに割り当てます。

  10. [次へ] をクリックし、[設定内容の確認] ページで [終了] をクリックします。
  11. [インストールの状態] に [成功] と表示されるまで、デプロイを監視します。ステータスに [失敗] と表示された場合は、[失敗] の横にあるアイコンをクリックして、エラーを解決するための操作を実行します。

次のタスク

NSX ユーザー インターフェイスまたは NSX API を介してパートナー サービスを使用できるようになりました。