アクティビティ モニタリングを機能させるには、ゲスト イントロスペクション ドライバのインストール、ゲスト イントロスペクション 仮想マシンのインストール、NSX アクティビティ モニタリングを有効にするなど、いくつかの手順を実行する必要があります。または、Service Composer を使用してどの仮想マシンを監視するかを制御することもできます。

前提条件

  • NSX がインストール済みで、動作している必要があります。
  • NSX Manager は、Windows 仮想マシン ユーザーに一致するグループを取得する Active Directory サーバにリンクされている必要があります。
  • vCenter インベントリに 1 つ以上の Windows デスクトップ仮想マシンが含まれている必要があります。
  • 最新の VMware Tools が Windows デスクトップ仮想マシンで実行されている必要があります。

手順

  1. vCenter インベントリ内の Windows 仮想マシンに ゲスト イントロスペクション ドライバがまだインストールされていない場合、インストールします。
    1. [コントロール パネル\プログラム\プログラムと機能 (Control Panel\Programs\Programs and Features)] の順に移動し、[VMware Tools] を右クリックして [変更 (Change)] を選択します。

    2. [変更 (Modify)] を選択します。
    3. [VMCI ドライバ (VMCI Driver)] で、[ゲスト イントロスペクション ドライバ > ローカル ハード ドライブにインストールされます (Guest Introspection Drivers > Will be installed on local hard drive)] をクリックします。

    ゲスト イントロスペクション ドライバは各 Windows 仮想マシンでどのアプリケーションが実行されているかを検出し、この情報を ゲスト イントロスペクション 仮想マシンに送信します。
  2. ゲスト イントロスペクション 仮想マシンをインストールします。
    VMware Tools を初めてインストールする場合、 [カスタム (Custom)] オプションを選択します。VMCI フォルダで、 [ゲスト イントロスペクション ドライバ (Guest Introspection Driver)] を選択します。ドライバはデフォルトでは選択されていません。

    VMware Tools をインストールした後にドライバを追加するには、次の手順を実行します。

    1. vSphere Web Client で、[Networking and Security] > [インストール手順 (Installation)] > [サービス デプロイ (Service Deployments)] の順に移動します。
    2. 新しいサービス デプロイを追加します。
    3. [ゲスト イントロスペクション (Guest Introspection)] を選択します。
    4. Windows 仮想マシンが含まれるホスト クラスタを選択します。
    5. 適切なデータベース、ネットワーク、IP アドレス解決メカニズムを選択します。ゲスト イントロスペクション 仮想マシンで DHCP を使用していない場合、IP アドレス プールを作成して割り当てます。

    各クラスタ内の各ホストに 1 つずつ、2 つの ゲスト イントロスペクション 仮想マシンがインストールされます。

  3. Windows 仮想マシンで アクティビティ モニタリングを有効にします。
    1. [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] ビューで Windows 仮想マシンを選択し、[サマリ (Summary)] タブを選択します。
    2. NSX アクティビティ モニタリングで [編集 (Edit)] をクリックし、[はい (Yes)] をクリックします。

      監視するすべての Windows 仮想マシンでこの手順を繰り返します。

  4. (オプション) 監視する vCenter オブジェクトのリストを変更するか、動的メンバーシップ ルールを定義します。
    1. vSphere Web Client で、[Networking and Security] > [Service Composer] の順に移動します。
    2. [アクティビティ モニタリング データ収集 (Activity Monitoring Data Collection)] セキュリティ グループを編集します。
    3. 新規の Windows 仮想マシンがクラスタに追加され、仮想マシンが自動的に監視されるように動的メンバーシップ ルールを定義します。
    4. アクティビティ モニタリング セキュリティ グループに含める、または除外する vCenter Server オブジェクトを選択します。
      アクティビティ モニタリングを有効にした仮想マシンは自動的に アクティビティ モニタリング セキュリティ グループに含まれます。

    この例では、名前が「win」で始まるすべての仮想マシンが自動的に アクティビティ モニタリング セキュリティ グループに追加されます。つまり、これらの仮想マシンでは アクティビティ モニタリングが自動的に有効になります。