セキュリティ グループまたはデスクトップ プールによって実行中のアプリケーションを表示し、レポートにドリル ダウンして特定のユーザー グループが送信接続を行っているクライアント アプリケーションを検出することができます。また、特定のアプリケーションにアクセス中のすべてのユーザー グループとユーザーを検索することもできます。これにより、環境でアイデンティティ ファイアウォールを調整する必要があるかどうかを判断できます。

図 1. 送信アクティビティの表示
アプリケーション

前提条件

  • ゲスト イントロスペクション が環境にインストールされている必要があります。
  • ドメインが NSX Manager に登録されている必要があります。ドメインの登録の詳細については、NSX Manager への Windows ドメインの登録を参照してください。
  • データ収集を 1 台以上の仮想マシンで有効にする必要があります。

手順

  1. vSphere Web Client にログインします。
  2. [Networking and Security (Networking & Security)] をクリックして、[アクティビティ モニタリング (Activity Monitoring)] をクリックします。
  3. 左側のペインで [送信アクティビティ (Outbound Activity)] タブが選択されていることを確認します。
  4. [発信元 (Originating from)] の横にあるリンクをクリックします。
    ゲスト イントロスペクション を介して検出されたすべてのグループが表示されます。
  5. リソース使用率を表示するユーザー グループのタイプを選択します。
  6. [フィルタ (Filter)] で、1 つ以上のグループを選択して [OK] をクリックします。
  7. [アプリケーションの場所 (Where application)] で、[含む (includes)] または [除外 (excludes)] を選択し、選択したアプリケーションを検索に含めるか、または検索から除外するかを示します。
  8. [アプリケーションの場所 (Where application)] の横にあるリンクをクリックします。
  9. 1 つ以上のアプリケーションを選択し、[OK] をクリックします。
  10. [およびターゲットの場所 (And where destination)] で、[含む (includes)] または [除外 (excludes)] を選択し、選択した仮想マシンを検索に含めるか、または検索から除外するかを示します。
  11. [およびターゲットの場所 (And where destination)] の横にあるリンクをクリックします。
  12. 1 台以上の仮想マシンを選択し、[OK] をクリックします。
  13. [期間 (During period)][期間] アイコン)アイコンをクリックし、検索の期間を選択します。
  14. [検索 (Search)] をクリックします。
    右方向にスクロールして、表示されているすべての情報を確認します。

結果

指定した条件でフィルタリングされた検索結果が表示されます。ある 1 つの行をクリックして、特定のアプリケーションを使用して特定の仮想マシンにアクセスした Active Directory グループ内のユーザーに関する情報を表示します。

特定のレコードまたはこのページのすべてのレコードをエクスポートして、.csv 形式でディレクトリに保存するには、ページの右下にある エクスポート アイコンをクリックします。