NSX Manager から NSX Edge に同期要求を送信できます。

NSX Manager が認識しているエッジ構成をすべてのコンポーネントと同期する場合は、強制同期を実行します。
注: NSX Data Center 6.2 以降、強制同期では、North-South のルーティング トラフィックのデータ損失が回避されますが、East-West のルーティングとブリッジで中断が発生する場合があります。
NSX 6.4.3 以前では、強制同期の実行中に NSX Manager が次の処理を実行します。
  • Edge アプライアンスの設定を削除します。最初にインデックス 0 を削除し、次にインデックス 1 を削除します。
  • Edge アプライアンスを再起動します。インデックス 0 とインデックス 1 の両方を同時に再起動します。このアクションにより、ダウンタイムが長くなります。
  • Edge アプライアンスに最新の設定を発行または適用します。
  • ホストとの接続を終了します。
  • NSX Manager がプライマリまたはスタンドアローンであり、Edge が論理分散ルーターの場合、コントローラ クラスタが同期されます。
  • 分散ルーター インスタンスを同期するように、関連するすべてのホストにメッセージが送信されます。
NSX 6.4.4 以降では、強制同期の実行中に NSX Manager が次の処理を実行します。
  • Edge アプライアンスの状態に不整合がある場合、NSX Manager は Edge の設定を削除し、問題のある Edge アプライアンスを再起動して、Edge アプライアンスに最新の設定を発行します。
  • Edge アプライアンスの状態に不整合がない場合、NSX Manager は Edge アプライアンスを再起動せずに、最新の設定を Edge アプライアンスに直接発行します。Edge アプライアンスの不要な再起動がなくなるので、ダウンタイムが短くなります。
  • ホストとの接続を終了します。
  • NSX Manager がプライマリまたはスタンドアローンであり、Edge が論理分散ルーターの場合、コントローラ クラスタが同期されます。
  • 分散ルーター インスタンスを同期するように、関連するすべてのホストにメッセージが送信されます。
重要: Cross-vCenter NSX 環境では、最初にプライマリ NSX ManagerNSX Edge インスタンスで強制同期を実行する必要があります。完了後、セカンダリ NSX Manager の NSX Edge インスタンスに強制同期を実行します。

手順

  1. vSphere Web Client にログインします。
  2. [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [NSX Edge] の順にクリックします。
  3. NSX Edge インスタンスを選択します。
  4. [アクション (Actions)] () をクリックして、[強制同期 (Force Sync)] を選択します。