Cross-vCenter NSX 環境には、1 つのプライマリ NSX Manager のみが配置されます。どの NSX Manager をプライマリ NSX Manager として使用するかを選択し、構成タスクを実行して、NSX のインストール、NSX Manager へのプライマリ ロールの割り当て、およびユニバーサル オブジェクトの作成を行います。

プライマリ NSX Manager は、Cross-vCenter NSX 環境の制御プレーンを提供するユニバーサル コントローラ クラスタをデプロイするために使用されます。セカンダリ NSX Manager には、各自のコントローラ クラスタはありません。