セカンダリ NSX Manager に関連付けられたクラスタを、ユニバーサル トランスポート ゾーンに追加する必要があります。これにより、クラスタの仮想マシンをユニバーサル論理スイッチに接続できます。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、変更する NSX Manager に登録されている vCenter Server システムにログインします。
    Cross-vCenter NSX 環境内の vCenter Server システムが拡張リンク モードになっている場合は、リンクされた vCenter Server システムの [NSX Manager] ドロップダウン メニューから関連する NSX Manager を選択することで、その NSX Manager にアクセスできます。
  2. トランスポート ゾーンに移動します。
    • NSX 6.4.1 以降の場合は、[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] > [論理ネットワークの設定 (Logical Network Settings)] > [トランスポート ゾーン (Transport Zones)] の順に移動します。
    • NSX 6.4.0 の場合は、[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] > [論理ネットワークの準備 (Logical Network Preparation)] > [トランスポート ゾーン (Transport Zones)] の順に移動します。
  3. [NSX Manager] ドロップダウン メニューで、適切な NSX Manager が選択されていることを確認します。
  4. ユニバーサル トランスポート ゾーンを選択して、[クラスタの接続 (Connect Clusters)][クラスタの接続] アイコン または [クラスタの接続] アイコン)をクリックします。
  5. ユニバーサル トランスポート ゾーンに追加するクラスタを選択し、[OK] または [保存 (Save)] をクリックします。