Cross-vCenter NSX 環境では、すべての vCenter Server にわたって使用可能なユニバーサル論理スイッチを作成できます。トランスポート ゾーンのタイプによって、新しいスイッチが論理スイッチまたはユニバーサル論理スイッチのどちらであるかが決まります。論理スイッチをユニバーサル トランスポート ゾーンに追加した場合、その論理スイッチはユニバーサルです。

論理スイッチを作成する際は、トランスポート ゾーンやレプリケーション モードの選択以外に、2 つのオプション(IP アドレス検出と MAC ラーニング)を設定します。

IP アドレス検出により、個々の VXLAN セグメント内、つまり同じ論理スイッチに接続されている仮想マシン間の ARP トラフィックのフラッディングを最小に抑えることができます。IP アドレス検出はデフォルトで有効になっています。

注: ユニバーサル論理スイッチを作成する際に IP アドレス検出を無効にはできません。ユニバーサル論理スイッチを作成してから、API を使用して IP アドレス検出を無効にできます。この設定は各 NSX Manager で別々に管理されます。『 NSX API ガイド』を参照してください。

MAC ラーニングは、VLAN/MAC ペアのラーニング テーブルを各 vNIC に作成します。このテーブルは dvfilter データの一部として保管されます。vMotion の実行時に、dvfilter はこのテーブルを新しい場所に保存してリストアします。次に、スイッチはテーブル内のすべての VLAN/MAC エントリに対して RARP を発行します。VLAN をトランキングしている仮想 NIC を使用している場合、MAC ラーニングを有効にできます。

前提条件

表 1. 論理スイッチまたはユニバーサル論理スイッチの作成の前提条件
論理スイッチ ユニバーサル論理スイッチ
  • vSphere Distributed Switch が設定されている
  • NSX Manager がインストールされている
  • コントローラがデプロイされている
  • ホスト クラスタが NSX 用に準備されている
  • VXLAN が設定されている
  • トランスポート ゾーンが作成されている
  • セグメント ID プールが設定されている
  • vSphere Distributed Switch が設定されている
  • NSX Manager がインストールされている
  • コントローラがデプロイされている
  • ホスト クラスタが NSX 用に準備されている
  • VXLAN が設定されている
  • プライマリ NSX Manager が割り当てられている必要があります。
  • ユニバーサル トランスポート ゾーンが作成されている必要があります。
  • ユニバーサル セグメント ID アドレス プールが設定されている必要があります。

手順

  1. [ホーム (Home)] > [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [論理スイッチ (Logical Switches)] の順に移動します。
  2. プライマリ NSX Manager を選択します。
  3. [追加 (Add)] または [新規論理スイッチ (New Logical Switch)]新規論理スイッチ)アイコンをクリックします。
  4. 論理スイッチの名前と説明(説明は任意)を入力します。
  5. [転送ゾーン] セクションで [変更 (Change)] をクリックし、トランスポート ゾーンを選択します。ユニバーサル論理スイッチを作成するには、ユニバーサル トランスポート ゾーンを選択します。
    重要:

    ユニバーサル論理スイッチを作成し、レプリケーション モードとしてハイブリッドを選択する場合、使用するマルチキャスト アドレスが、Cross-vCenter NSX 環境内の NSX Manager で割り当てられた他のマルチキャスト アドレスと競合しないようにする必要があります。

  6. (オプション) トランスポート ゾーンで決定されたレプリケーション モードを上書きすることができます。

    このモードは、他の選択可能なモードの 1 つに変更できます。選択可能なモードはユニキャスト、ハイブリッド、およびマルチキャストです。

    作成する論理スイッチで、転送する BUM トラフィック量の特性が大きく異なる場合、継承されたトランスポート ゾーンの制御プレーン レプリケーション モードの上書きが個々の論理スイッチで必要になることがあります。この場合、ユニキャスト モードとして使用するトランスポート ゾーンを作成し、個々の論理スイッチでハイブリッド モードまたはマルチキャスト モードを使用することができます。

  7. (オプション)MAC ラーニングを有効にします。

例: 論理スイッチとユニバーサル論理スイッチ

App は、トランスポート ゾーンに接続された論理スイッチです。この論理スイッチは、これが作成された NSX Manager でのみ使用できます。

Universal-App は、ユニバーサル トランスポート ゾーンに接続されたユニバーサル論理スイッチです。このユニバーサル論理スイッチは、Cross-vCenter NSX 環境内のどの NSX Manager でも使用できます。

論理スイッチとユニバーサル論理スイッチには、異なるセグメント ID アドレス プールからのセグメント ID があります。

論理スイッチとユニバーサル論理スイッチ

次のタスク

仮想マシンをユニバーサル論理スイッチに追加します。

また、ユニバーサル分散論理ルーターを作成してユニバーサル論理スイッチに接続することで、異なるユニバーサル論理スイッチに接続された仮想マシン間を接続できます。