ユニバーサル トランスポート ゾーンでは、ユニバーサル論理スイッチがアクセスできるホストを制御します。ユニバーサル トランスポート ゾーンは、プライマリ NSX Manager で作成されて、セカンダリ NSX Manager にレプリケートされます。ユニバーサル トランスポート ゾーンは、Cross-vCenter NSX 環境内の 1 つ以上の vSphere クラスタにまたがる可能性があります。

作成したユニバーサル トランスポート ゾーンは、Cross-vCenter NSX 環境内のすべてのセカンダリ NSX Manager で使用できます。ユニバーサル トランスポート ゾーンは 1 つしか設定できません。

前提条件

プライマリ NSX Manager を作成したら、ユニバーサル トランスポート ゾーンを設定します。

手順

  1. vSphere Web Client を使用して、プライマリ NSX Manager に登録されている vCenter Server システムにログインします。
    Cross-vCenter NSX 環境内の vCenter Server システムが拡張リンク モードになっている場合は、リンクされた vCenter Server システムの [NSX Manager] ドロップダウン メニューから関連する NSX Manager を選択することで、その NSX Manager にアクセスできます。
  2. 論理ネットワークの設定に移動します。
    • NSX 6.4.1 以降の場合は、[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] > [論理ネットワークの設定 (Logical Network Settings)] の順に移動します。
    • NSX 6.4.0 の場合は、[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] > [論理ネットワークの準備 (Logical Network Preparation)] の順に移動します。
  3. [NSX Manager] ドロップダウン メニューで、適切な NSX Manager が選択されていることを確認します。
  4. [トランスポート ゾーン (Transport Zones)] をクリックして、[追加(新規トランスポート ゾーン) (Add)] アイコンをクリックします。
  5. [このオブジェクトをユニバーサル同期の対象としてマーク (Mark this object for universal synchronization)] を選択します。
    このトランスポート ゾーンがセカンダリ NSX Manager と同期されます。
  6. 制御プレーン モードを選択します。
    • [マルチキャスト (Multicast)]:物理ネットワーク上のマルチキャスト IP アドレスを制御プレーンに使用します。このモードは、古い VXLAN デプロイからアップグレードする場合にのみ推奨されます。物理ネットワークに PIM/IGMP が必要です。
    • [ユニキャスト (Unicast)]:制御プレーンは、NSX Controller によって処理されます。すべてのユニキャスト トラフィックで、最適化されたヘッドエンド レプリケーションを利用します。マルチキャスト IP アドレスや特別なネットワーク設定は必要ありません。
    • [ハイブリッド (Hybrid)]:ローカル トラフィック レプリケーションを物理ネットワーク(L2 マルチキャスト)にオフロードします。最初のホップのスイッチで IGMP スヌーピング、各 VTEP サブネットで IGMP クエリアへのアクセスが必要ですが、PIM は不要です。最初のホップ スイッチは、サブネットのトラフィック レプリケーションを処理します。
  7. トランスポート ゾーンに追加するクラスタを選択します。

結果

ユニバーサル トランスポート ゾーンは、Cross-vCenter NSX 環境内のすべての NSX Manager で使用できます。

トランスポート ゾーン

次のタスク

次に、ユニバーサル論理スイッチを作成します。