NSX を完全にアンインストールすると、ホスト VIB、NSX Manager、コントローラ、すべての VXLAN の設定、論理スイッチ、分散論理ルーター、NSX ファイアウォール、および vCenter Server NSX プラグインが削除されます。クラスタ内のすべてのホストで、次の手順を必ず実行してください。vCenter Server から NSX プラグインを削除する前に、クラスタからネットワーク仮想化コンポーネントをアンインストールすることをお勧めします。

注: NSX Data Center for vSphere によってデプロイされたアプライアンス( NSX ControllerNSX Edge アプライアンスなど)を vCenter Server から直接削除しないでください。 NSX Data Center for vSphere アプライアンスの管理と削除は、必ず vSphere Web Client[ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] タブから行ってください。

前提条件

手順

  1. トランスポート ゾーンを削除します。
  2. ディスクから NSX Manager アプライアンスとすべての NSX Controller アプライアンス仮想マシンを削除します。
  3. Distributed Switch で残りの VTEP VMkernel ポートを削除するには、次の手順を実行します。
    1. [ホストおよびクラスタ (Hosts and Clusters)] > [ホストの選択 (Select Host)] > [設定 (Configure)] > [ネットワーク (Networking)] > [仮想スイッチ (Virtual Switches)] の順に移動します。
    2. 仮想スイッチの表で vSphere Distributed Switch を選択します。
      このスイッチに割り当てられている dvPortgroup を示す図が表示されます。この図を下にスクロールして、スイッチの残りの VTEP VMkernel ポートを表示します。
    3. 残りの VMkernel ポートを選択して、[削除 (Delete)]削除アイコン)をクリックします。
    VTEP VMkernel インターフェイスは、通常、これより前のアンインストール処理で削除されています。
  4. Distributed Switch で VTEP に使用している残りの dvPortgroup を削除するには、次の手順を実行します。
    1. [ホーム (Home)] > [ネットワーク (Networking)] の順に移動します。
    2. [ナビゲータ (Navigator)] で、データセンターをクリックして vSphere Distributed Switch を展開し、残りの dvPortgroup を表示します。
    3. 残りの dvPortgroup を右クリックして、[削除 (Delete)] をクリックします。
    多くの場合、VTEP で使用されている dvPortgroup は、これより前のアンインストール処理ですでに削除されています。
  5. VTEP VMkernel インターフェイスまたは dvPortgroup を削除した場合、ホストを再起動してください。
  6. NSX Manager プラグインを削除する vCenter Server の場合、https://your_vc_server/mob で管理対象オブジェクト ブラウザにログインします。
  7. [コンテンツ (Content)] をクリックします。

    次はその例です。

     管理対象オブジェクト ページのプロパティ テーブルにコンテンツが表示されます(強調表示の部分)。
  8. [ExtensionManager] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページのプロパティ テーブルに ExtensionManager が表示されます(強調表示の部分)。

  9. [UnregisterExtension] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページ のプロパティ テーブルに UnregisterExtension が表示されます(強調表示の部分)。

  10. 文字列 [com.vmware.vShieldManager] を入力して、[Invoke Method] をクリックします。

    管理対象オブジェクト ページのパラメータ テーブルに com.vmware.vShieldManager 値が入力されています。

  11. 文字列 [com.vmware.nsx.ui.h5] を入力して、[Invoke Method] をクリックします。
  12. vSphere 6 vCenter Server Appliance が稼動している場合は、コンソールを起動し、[トラブルシューティング モード オプション (Troubleshooting Mode Options)] で BASH シェルを有効にしてください。

    vCenter Server Appliance コンソールにトラブルシューティング モード オプションが表示されています。

    root としてログインし、 shell.set --enabled true コマンドを実行する方法もあります。
  13. NSX Data Center for vSpherevSphere Web Client ディレクトリと vSphere Client (HTML5) ディレクトリを削除し、クライアント サービスを再起動します。

    vSphere 7.0 以降では vSphere Web Client が廃止されました。vSphere Web Client ディレクトリは作成されません。

    NSX Data Center for vSpherevSphere Web Client ディレクトリ名は、 com.vmware.vShieldManager* で、次の場所にあります。
    • VMware vCenter Server for Windows – C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-client\vc-packages\vsphere-client-serenity\
    • VMware vCenter Server Appliance – /etc/vmware/vsphere-client/vc-packages/vsphere-client-serenity/
    vSphere Client ディレクトリは、 com.vmware.nsx.ui.h5.* で、次の場所にあります。
    • VMware vCenter Server for Windows – C:\ProgramData\VMware\vCenterServer\cfg\vsphere-ui\vc-packages\vsphere-client-serenity\
    • VMware vCenter Server Appliance – /etc/vmware/vsphere-ui/vc-packages/vsphere-client-serenity/

    vCenter Server アプライアンスまたは Windows 上の vCenter Server でクライアント サービスを再起動します。

    表 1. クライアント サービス コマンド
    クライアント サービス vCenter Server Appliance vCenter Server for Windows
    vSphere Web Client を再起動する

    vSphere 6.0、6.5、および 6.7

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-client
    # service-control --start vsphere-client
    
    > cd C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
    > service-control --stop vspherewebclientsvc
    > service-control --start vspherewebclientsvc
    
    vSphere Client を再起動する

    vSphere 6.5 および 6.7

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-ui
    # service-control --start vsphere-ui
    
    > cd C:\Program Files\VMware\vCenter Server\bin
    > service-control --stop vsphere-ui
    > service-control --start vsphere-ui
    vSphere Client を再起動する

    vSphere 7.0

    > shell.set --enabled True
    > shell
    # service-control --stop vsphere-ui
    # service-control --start vsphere-ui
    

    vSphere 7.0 は、vCenter Server for Windows をサポートしていません

結果

vCenter Server から NSX Manager プラグインが削除されます。確認するには、vCenter Server をログアウトして、再度ログインします。

NSX Manager プラグインの [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] アイコンが、vCenter Server Web Client または vSphere Client のホーム画面に表示されなくなります。

vSphere Web Client の [ホーム] 画面に表示された [ネットワークとセキュリティ] プラグイン アイコン。

[管理 (Administration)] > [クライアント プラグイン (Client Plug-Ins)] の順に移動し、プラグインのリストに [vShield Manager プラグイン (vShield Manager)] が含まれていないことを確認します。
注:
  • NSX 6.4.5 より前では、vSphere Web Client のクライアント プラグインの名前は [vShield Manager] です。NSX 6.4.5 以降では、プラグイン名は [NSX ユーザー インターフェイス プラグイン (NSX user interface plugin)] です。
  • HTML5 ベースの vSphere Client では、プラグイン名は [NSX ユーザー インターフェイス プラグイン (NSX user interface plugin)] です。

vSphere Web Client の [クライアント プラグイン] 画面で、[ネットワークとセキュリティ] プラグインが削除されています。