Cross-vCenter NSX 環境には、最大 7 個のセカンダリ NSX Manager を追加できます。プライマリ NSX Manager 上に設定されたユニバーサル オブジェクトは、セカンダリ NSX Manager に同期されます。

NSX Manager は、次の 4 つのうちの 1 つのロールを持つことができます。

  • プライマリ
  • セカンダリ
  • スタンドアロン
  • 移行

NSX Manager のロールを表示するには、NSX Manager にリンクされている vCenter Server にログインし、[ホーム (Home)] > [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] の順に移動し、[管理 (Management)] タブを選択します。[NSX Manager] セクションの [ロール] 列にロールが表示されます。[ロール] 列が表示されない場合、NSX Manager はスタンドアロン ロールを持っています。

前提条件

  • 1 つのプライマリ ロールを持つ NSX Manager と、1 つのスタンドアロン ロールまたは移行ロールを持つ NSX Manager の少なくとも 2 つの NSX Manager が必要です。
  • NSX Manager(プライマリ NSX Manager と、セカンダリ ロールを割り当てる NSX Manager)のバージョンが一致する必要があります。
  • プライマリ NSX Manager のノード ID と、セカンダリ ロールを割り当てる NSX Manager のノード ID が存在し、それらが異なる必要があります。OVA ファイルからデプロイした NSX Manager インスタンスには、一意のノード ID があります。(仮想マシンをテンプレートに変換する場合など)テンプレートからデプロイした NSX Manager のノード ID は、テンプレートを作成するために使用した元の NSX Manager のノード ID と同じです。この 2 つの NSX Manager を同じ Cross-vCenter NSX インストール内で使用できません。
    注:
    次の REST API 呼び出しを使用して、NSX Manager のノード ID を確認できます。
    GET https://NSX-Manager-IP-Address/api/2.0/services/vsmconfig
  • 各 NSX Manager を、別々の一意の vCenter Server システムに登録する必要があります。
  • VXLAN で使用する UDP ポートは、すべての NSX Manager で同じである必要があります。
    注: vSphere Web Client を使って VXLAN ポートを確認および変更するには、 [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] > [論理ネットワークの準備 (Logical Network Preparation)] の順に移動します。詳細については、『 NSX 管理ガイド』の「VXLAN ポートの変更」を参照してください。
  • NSX Manager にセカンダリ ロールを割り当てる場合、その NSX Manager にリンクされた vCenter Server システムに NSX Controller をデプロイすることはできません。
  • セカンダリ ロールを割り当てる NSX Manager のセグメント ID プールが、プライマリ NSX Manager のセグメント ID プールまたは他のセカンダリ NSX Manager のセグメント ID プールと重複することはできません。
  • セカンダリ ロールを割り当てる NSX Manager は、スタンドアロン ロールまたは移行ロールを持つ必要があります。
  • ユニバーサル同期を正常に機能させるには、プライマリとセカンダリの NSX Manager は同じ TLS バージョンを使用する必要があります。

    プライマリ NSX Manager で設定されている 1 つ以上の TLS バージョンを使用するようにセカンダリ NSX Manager が設定されていることを確認します。『NSX 管理ガイド』の「NSX Manager での FIPS モードと TLS 設定の変更」を参照してください。

手順

  1. プライマリ NSX Manager にリンクされた vCenter Server にログインします。
  2. [ホーム (Home)] > [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] の順に移動し、[管理 (Management)] タブを選択します。
  3. プライマリ NSX Manager を選択します。次に、[アクション (Actions)] > [セカンダリ NSX Manager の追加 (Add Secondary NSX Manager)] を選択します。
  4. セカンダリ NSX Manager の IP アドレス、ユーザー名、およびパスワードを入力します。
    注: プライマリ NSX Manager が IPv6 アドレスを使用している場合、セカンダリ NSX Manager の設定にはホスト名を使用する必要があります。
  5. [OK] をクリックします。
  6. 証明書のサムプリントがセカンダリ NSX Manager の証明書と一致することを確認します。
  7. 登録が正常に完了すると、ロールがスタンドアロンからセカンダリに変わります。

    vCenter Server システムが拡張リンク モードの場合、その vCenter Server システムに関連付けられたすべての NSX Manager のロールを表示するには、[ホーム (Home)] > [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] > [インストールとアップグレード (Installation and Upgrade)] タブの順に移動します。

    環境で拡張リンク モードを使用していない場合は、セカンダリ NSX Manager にリンクされた vCenter Server にログインし、NSX Manager のロールを表示します。

    NSX Manager のロールの変更が表示されない場合は、vSphere Web Client からログアウトし、再度ログインします。

    注: 最初は、コントローラのステータスに切断と表示される可能性があります。数秒待ってから vSphere Web Client を更新すると、ステータスが標準に変わります。