NSX Manager と vCenter Server は 1 対 1 の関係です。NSX Manager のインスタンスごとに 1 台の vCenter Server があります(Cross-vCenter NSX 環境も同様)。

vCenter Server システムを登録できるのは、1 つの NSX Manager だけです。vCenter Server で、設定済みの NSX Manager の登録を変更することはできません。

既存の NSX Manager の vCenter Server の登録を変更する場合は、最初にすべての NSX Data Center for vSphere 設定を削除し、vCenter Server システムから NSX Manager プラグインを削除する必要があります。手順については、NSX 環境の安全な削除を参照してください。または、新しい NSX Manager アプライアンスを展開して、新しい vCenter Server システムを登録することも可能です。

必要に応じて、NSX Manager への登録に使用される vCenter Server ユーザー アカウントを変更できます。登録に使用される vCenter Server ユーザー アカウントは、vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーである必要があります。

前提条件

  • NSX 管理サービスが実行されている必要があります。https://<nsx-manager-ip>NSX Manager Web インターフェイスで、[ホーム (Home)] > [サマリの表示 (View Summary)] の順にクリックし、サービスのステータスを確認します。
  • vCenter Single Sign-On 管理者グループのメンバーである vCenter Server ユーザー アカウントを使用して、NSX ManagervCenter Server システムを同期する必要があります。アカウントのパスワードに非 ASCII 文字が含まれている場合、NSX ManagervCenter Server システムとの同期を行う前にパスワードを変更する必要があります。root アカウントは使用しないでください。

    ユーザーの追加方法については、『Platform Services Controller の管理』の「vCenter Single Sign-On ユーザーおよびグループの管理」を参照してください。

  • 正引きと逆引きの名前解決が機能し、次のシステムで DNS 名を解決できることを確認します。
    • NSX Manager アプライアンス
    • vCenter Server システム
    • Platform Services Controller システム
    • ESXi ホスト

手順

  1. NSX Manager 仮想アプライアンスにログインします。
    Web ブラウザで NSX Managerアプライアンスの GUI(https://<nsx-manager-ip> または https://<nsx-manager-hostname>)に移動し、 admin または Enterprise Administrator 役割を持つアカウントでログインします。
  2. ホーム ページで、[vCenter 登録の管理 (Manage vCenter Registration)] をクリックします。
  3. vCenter Server システムの IP アドレスまたはホスト名を参照するように vCenter Server の項目を編集し、vCenter Server システムのユーザー名とパスワードを入力します。
  4. 証明書のサムプリントが vCenter Server システムの証明書と一致することを確認します。
    vCenter Server システムに CA 署名付き証明書をインストールした場合は、CA 署名付き証明書のサムプリントが表示されます。CA 署名付き証明書をインストールしていない場合は、自己署名証明書が表示されます。
  5. NSX Manager がファイアウォール タイプのマスキング デバイスの背後に置かれていない限り [プラグイン スクリプトのダウンロード場所を変更する (Modify plugin script download location)] を選択しないでください。
    このオプションは、 NSX Manager の代替 IP アドレスを入力できるようにするものです。このタイプのファイアウォールの背後には NSX Manager を配置しないでください。
  6. vCenter Server システムの状態が [接続中 (Connected)] になっていることを確認します。
  7. vSphere Web Client がすでに開いている場合は、ログアウトします。NSX ManagervCenter Server に登録したときに使用したアカウントを使用して、再度ログインします。
    ログアウトせずに再度ログインすると、 vSphere Web Client[ホーム (Home)] タブに [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] のアイコンが表示されません。
    [ネットワークとセキュリティ (Networking & Security)] アイコンをクリックして、新しく展開した NSX Manager が表示されていることを確認します。

次のタスク

NSX Manager のインストール直後に NSX Manager データのバックアップをスケジューリングします。『NSX 管理ガイド』の「NSX のバックアップとリストア」を参照してください。

NSX Data Center for vSphere パートナー ソリューションがある場合は、パートナーのドキュメントを参照して、パートナー コンソールを NSX Manager に登録する方法を確認してください。

これで、NSX Data Center for vSphere コンポーネントをインストールして構成できます。