VXLAN チーミング ポリシーと MTU 設定は、VXLAN が準備されたホストとクラスタ上で変更できますが、これらの変更は、VXLAN 用に新しいホストとクラスタを準備するときにのみ適用されます。VTEP VMkernel の既存の仮想ポート グループを変更するには、ホストとクラスタを手動で再度準備する必要があります。チーミング ポリシーと MTU 設定は、API を使用して変更できます。

問題

VTEP の MTU 設定が正しくない。

解決方法

  1. GET https://<NSX-Manager-IP-Address>/api/2.0/vdn/switches API を使用して、VXLAN で使用するすべてのスイッチに関する情報を取得します。
    API の出力で、変更を加えるスイッチを探し、名前をメモします。例: dvs-35
  2. 名前をメモした vSphere Distributed Switch で、クエリを実行します。
    例: GET https://<NSX-Manager-IP-Address>/api/2.0/vdn/switches/dvs-35 API

    次の例のような出力が表示されます。

    <vdsContext>
    <switch>
     <objectId>dvs-35</objectId>
     <objectTypeName>VmwareDistributedVirtualSwitch</objectTypeName>
     <vsmUuid>423A993F-BEE6-1285-58F1-54E48D508D90</vsmUuid>
     <nodeId>916287b3-761d-430b-8ab2-83878dfe3e7f</nodeId>
     <revision>6</revision>
     <type>
      <typeName>VmwareDistributedVirtualSwitch</typeName>
     </type>
     < name>vds-site-a</name>
     <scope>
      <id>datacenter-21</id>
      <objectTypeName>Datacenter</objectTypeName>
      < name>Datacenter Site A</name>
     </scope>
     <clientHandle/>
     <extendedAttributes/>
     <isUniversal>false</isUniversal>
     <universalRevision>0</universalRevision>
    </switch>
    <mtu>1600</mtu>
    <teaming>FAILOVER_ORDER</teaming>
    <uplinkPortName>Uplink 4</uplinkPortName>
    <promiscuousMode>false</promiscuousMode
    </vdsContext>
  3. API 呼び出しを使用して、vSphere Distributed Switch でチーミング ポリシーや MTU などのパラメータを変更できます。次の例では、dvs-35 のチーミング ポリシーを FAILOVER_ORDER から LOADBALANCE_SRCMAC に変更し、MTU を 1600 から 9000 に変更します。
    • NSX:PUT https://<NSX-Manager-IP-Address>/api/2.0/vdn/switches 

    次の例のような出力が表示されます。
    <vdsContext>
    <switch>
     <objectId>dvs-35</objectId>
     <objectTypeName>VmwareDistributedVirtualSwitch</objectTypeName>
     <vsmUuid>423A993F-BEE6-1285-58F1-54E48D508D90</vsmUuid>
     <nodeId>916287b3-761d-430b-8ab2-83878dfe3e7f</nodeId>
     <revision>6</revision>
     <type> 
      <typeName>VmwareDistributedVirtualSwitch</typeName>
     </type>
     <name>vds-site-a</name>
     <scope>
     <id>datacenter-21</id>
     <objectTypeName>Datacenter</objectTypeName>
     <name>Datacenter Site A</name>
     </scope>
     <clientHandle/>
     <extendedAttributes/>
     <isUniversal>false</isUniversal>
     <universalRevision>0</universalRevision>
    </switch>
     <mtu>9000</mtu>
     <teaming>LOADBALANCE_SRCMAC</teaming>
     <uplinkPortName>Uplink 4</uplinkPortName>
     <promiscuousMode>false</promiscuousMode>
    </vdsContext>
    
    注: <teaming> パラメータに有効なチーミング ポリシーのエントリは次のとおりです。
    • FAILOVER_ORDER
    • ETHER_CHANNEL
    • LACP_ACTIVE
    • LACP_PASSIVE
    • LOADBALANCE_LOADBASED
    • LOADBALANCE_SRCID
    • LOADBALANCE_SRCMAC LACP_V2
  4. GET コマンドを使用して、使用している構文が正しく、処理中の vSphere Distributed Switch で変更がアクティブになっていることを確認します。例:GET https://<NSX-Manager-IP-Address>/api/2.0/vdn/switches/dvs-35
  5. vSphere Web Client を開き、設定の変更が反映されていることを確認します。