NSX のルーティング サブシステムの設定と管理は、ユーザー インターフェイスの [NSX Edge] セクションで操作します。

ユーザー インターフェイスのこの部分を選択すると、次のように表示されます。

現在デプロイされているすべての分散論理ルーターと Edge Security Gateway (ESG) が表示され、それぞれに次の情報が示されます。
  • [ID] には ESG または分散論理ルーター Edge アプライアンスの ID が表示されます。ID は、その ESG または分散論理ルーターに関する API 呼び出しに使用できます。
  • [テナント] + [ID] で、分散論理ルーターのインスタンス名になります。この名前は、NSX CLI で表示および使用されます。
  • [サイズ] は、分散論理ルーターについては常に [Compact] になります。また、これは ESG のオペレータによって選択されたものです。

テーブルに表示される情報の他に、ボタンまたは [アクション] を使用してアクセス可能なコンテキスト メニューがあります。

表 1. NSX Edge のコンテキスト メニュー
アイコン アクション
[強制同期] の操作を使用すると、ESG または分散論理ルーター制御仮想マシンに対して、設定の消去、再起動、および設定の再プッシュを実行できます。
[再デプロイ] を使用すると、ESG または分散論理ルーターを破棄し、同じ設定を使用して新しい ESG または分散論理ルーターを作成できます。既存の ID は保持されます。
[自動ルール設定の変更] は、ESG に組み込まれたファイアウォール ルールに適用されます。ファイアウォール ルールは、ESG でサービスを有効にさすると作成されます(たとえば、TCP/179 を必要とする BGP など)。

[テクニカル サポート ログのダウンロード] を使用すると、ESG または分散論理ルーター制御仮想マシンからログ バンドルを作成できます。

分散論理ルーターの場合、ホストのログはテクニカル サポート バンドルに含まれず、個別に収集する必要があります。

[アプライアンス サイズの変更] は、ESG のみが操作対象となります。この操作は、新しいアプライアンスを使用して「再デプロイ」を実行します(vNIC MAC アドレスは変更されます)。

[CLI 認証情報の変更] を使用すると、オペレータは CLI 認証情報を強制更新できます。

ESG または分散論理ルーター制御仮想マシンでログインが 5 回失敗した後に CLI がロックアウトされた場合、この操作を使用してもロックアウトは解除されません。5 分間待つか、または ESG/分散論理ルーターを再デプロイして、正しい資格情報で改めてログインする必要があります。

[ログ レベルの変更] を使用すると、ESG/分散論理ルーターの Syslog に送信される詳細のレベルを変更できます。
[詳細デバッグの設定] を使用すると、コア ダンプを有効にし、コア ダンプ ファイルの保存用として追加の仮想ディスクを接続して、ESG または分散論理ルーターを再デプロイできます。

[デプロイ] を使用すると、ESG が作成され、デプロイされていないときに使用できます。

このオプションは、単にデプロイ手順(OVF のデプロイ、インターフェイスの設定、作成されたアプライアンスへの設定のプッシュ)を実行します。

ESG/分散論理ルーターのバージョンが NSX Manager よりも古い場合は、[アップグレード バージョン] オプションを使用できます。
[フィルタ] を使用すると、ESG/分散論理ルーターを [名前]で検索できます。