[ルート再配分テーブル] にエントリを追加しても、選択した [ラーナー プロトコル] で再配分が自動的に有効になりません。これは、[ルート再配分ステータス] の [編集] から明示的に実行する必要があります。

分散論理ルーターは、デフォルトで OSPF への接続ルートの再配分によって構成されますが、ESG は構成されません。

[ルート再配分テーブル] は、上から下に順番に処理され、最初に一致したときに処理は停止します。再配分からいくつかのプリフィックスを除外するには、テーブルの上部に特定のエントリをさらに追加します。