このセクションでは、分散論理ルーターの制御および管理プレーンのコンポーネントの概要について説明します。

この図は、コンポーネントおよび対応するコンポーネント間の通信チャネルを示しています。

図 1. 分散論理ルーターの制御および管理プレーンのコンポーネント
  • NSX Manager:
    • コントローラ クラスタと直接通信します。
    • NSX が動作する各ホストで実行されているメッセージ バス クライアント (vsfwd) プロセスと、直接常時接続を保持します。
  • 各分散論理ルーター インスタンスで、利用可能な 3 台のコントローラ ノードの中から1 台がマスターとして選出されます。
    • 元のコントローラ ノードで障害が発生すると、マスター ノードの機能を別のコントローラ ノードに移動することができます。
  • 各 ESXi ホストは、メッセージ バス クライアント (vsfwd) と制御プレーン エージェント (netcpa) の 2 つのユーザー ワールド エージェント (UWA) を実行します。
    • netcpa が動作するには NSX Manager からの情報が必要となります(たとえば、コントローラを検索する場所や認証方法など)。この情報には、vsfwd が提供するメッセージ バス接続を介してアクセスします。
    • netcpa は、分散論理ルーター カーネル モジュールと通信し、コントローラから受信した関連情報をこのモジュールに組み込みます。
  • 各分散論理ルーター インスタンスには分散論理ルーター制御仮想マシンが 1 台存在し、ESXi ホストのいずれか 1 台で実行されます。分散論理ルーター制御仮想マシンには、次の 2 つの通信チャネルがあります。
    • vsfwd を介して NSX Manager に接続する VMCI チャネル。このチャネルは、制御仮想マシンの設定に使用されます。
    • netcpa を介して分散論理ルーター マスター コントローラに接続する VMCI チャネル。このチャネルは、コントローラに分散論理ルーター のルーティング テーブルを送信するために使用されます。
  • 分散論理ルーターに VLAN LIF がある場合、参加している ESXi ホストの 1 台がコントローラによって代表インスタンスに選定されます。他の ESXi ホストの分散論理ルーター カーネル モジュールは、関連する VLAN 上で代表インスタンスがプロキシ ARP クエリを実行するように要求します。