すべてのコンポーネントがアップグレードされたら、アップグレード後に必要なタスクをすべて完了します。

手順

  1. アップグレード後に NSX Manager の現在のバックアップを作成します。
  2. NSX VIB がホストにインストールされていることを確認します。
    esxcli software vib get --vibname esx-nsxv
    
    ゲスト イントロスペクションがインストールされている場合、この VIB がホストに存在していることも確認します。
    esxcli software vib get --vibname epsec-mux
    
  3. ホストのメッセージ バスを再同期します。
    次の API コールを使用して、各クラスタで再同期を実行します。
    POST https://<nsx-mgr-ip>/api/4.0/firewall/forceSync/<cluster-id>
    
    詳細については、『 NSX API ガイド』を参照してください。