NSX Intelligence ホームページのデフォルト ビューはグループ ビューです。グループ ビューでは、直近の 24 時間に未保護のトラフィック フローが発生しているグループを表示するようにフィルタリングされます。

グループ ビューのノードと矢印

グループ ビューのノードは、仮想マシン、IP セットなど、 NSX-T Data Center 環境内の NSX オブジェクトを表します。次のスクリーンショットは、グループ ビューの例を表しています。

次の表に、グループ ビューに表示されるグループ ノードの種類を示します。
グループ ノードの種類 アイコン 説明
通常グループ

NSX Intelligence の通常グループ ノードは、NSX-T Data Center 環境内の NSX オブジェクトのコレクションを表します。このリリースでは、これらの NSX オブジェクトは仮想マシンになります。NSX Intelligence は、仮想マシンのメンバー タイプのみから構成される通常グループをサポートします。1 つの NSX オブジェクトが複数のグループに属している場合もあります。このため、1 台の仮想マシンが複数のグループ ノードに表示される場合があります。

未分類グループ

未分類グループ ノードは、どのグループにも属していない仮想マシンのコレクションを表します。
不明グループ

不明グループ ノードは、NSX-T Data Center インベントリで見つからなかったその他のオブジェクト セットを表します。ただし、これらのオブジェクトは、NSX-T Data Center 環境内の 1 つ以上の NSX オブジェクトと通信しています。
パブリック IP グループ

パブリック IP グループ ノードは、NSX-T Data Center 内の NSX オブジェクトと通信しているパブリック IP アドレス(IPv4 または IPv6)のコレクションを表します。

グループ ビューのノード サイズは、そのグループに属する NSX オブジェクト(仮想マシンなど)の数に基づきます。グループのノードが大きいほど、そのグループに属している仮想マシンが多くなります。ノードの上にグループの名前と、そのグループに含まれるメンバー仮想マシンの合計数が表示されます。

グループ ノード間の矢印は、これらの接続されたグループ ノードの仮想マシン間で選択期間内に発生したトラフィック フローを表します。グループ ノードの自己参照矢印は、1 台以上の仮想マシンが同じグループ内の別の仮想マシンと通信していることを表します。詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。

赤い境界線のノードでは、選択期間内にグループの仮想マシンで保護解除のフローが発生しています。ブロックされたフローまたは許可されたフローの検出数は様々です。青い境界線のノードでは、選択期間内に保護解除のトラフィック フローが検出されていませんが、ブロックされたフローが 1 つ以上検出されています。許可されたフローの検出数は様々です。緑の境界線のノードでは、選択期間内に保護解除のフローまたはブロックされたフローは検出されていませんが、許可されたフローが 1 つ以上検出されています。灰色の境界線のノードでは、選択期間内にそのグループに属する仮想マシンのトラフィック フローが検出されていません。

グループ ビューが表示されない場合は、[セキュリティ ビュー] 選択領域の [仮想マシン] の隣にある下矢印をクリックして、[グループ] を選択します。表示された選択ドロップ リストで、[すべてのグループ] を選択するか、リストから特定のグループを選択して、[適用] をクリックします。選択リストをフィルタリングするには、[検索] テキスト ボックスを使用します。何も選択せずに選択ドロップ リスト以外の場所をクリックするか、ドロップ リストから [すべてのグループ] を選択すると、グループ ビューに [すべてのグループ] オプションが適用されます。

グループ ビューでのノードの選択

グループのノードをポイントすると、グループに関する情報が表示されます。次の例では、グループ G-Win の情報が表示されています。選択期間内に検出されたフローの数とタイプも一覧表示されます。選択期間内にグループが追加された場合は、新しいバッジ アイコンと、グループ作成時の詳細も表示されます。

グループのノードをクリックすると、選択範囲が点線の円で囲まれ、固定されたグループ ノードとしてマークされます。選択したグループ ノードに接続している他のグループも分かりやすく表示されます。他のノードはすべて淡色表示になります。たとえば、次のスクリーンショットでは、UBUNTUVM5_Group ノードが選択され、選択期間内に UBUNTUVM5_Group とトラフィック フローを共有していた他のグループが強調表示されています。UBUNTUVM5_Group と通信していない他のすべてのグループはビューに表示されません。

選択内容の固定を解除するには、グループ ビューの空白領域をクリックします。

グループ ビューをズームアウトし、ノードの詳細が見えなくなった場合は、ノードの表示部分をポイントすると、詳細が表示されます。

グループ ビューで使用可能なアクション

グループのノードを右クリックすると、次の図のように、使用可能なアクションのコンテキスト メニューが表示されます。

  • [詳細:Group_Name] を選択すると、選択したグループのノードが点線の円で囲まれ、固定グループ ノードになるか、現在のグループとしてフォーカスされます。グループに属する仮想マシンは、グループのノード内に表示されます。選択期間に固定グループの仮想マシンとトラフィック フローを共有していたグループもビューに表示されます。次の例では、グループ G2 が固定グループです。選択期間内にグループ G2 の仮想マシン メンバーで rhelvm2 とのトラフィック フローが発生しているため、他のグループもビューに表示されています。

  • [フィルタ基準] を選択すると、現在のグループ ビューに使用されている表示フィルタにグループが追加されます。
  • [仮想マシン] を選択すると、選択した期間内に現在のグループに属していたすべての仮想マシンがテーブル形式で表示されます。[仮想マシンの表示] テーブルで、選択したグループに属する仮想マシンと、各仮想マシンが属する他のグループの詳細を確認できます。仮想マシンを現在の表示フィルタに追加するには、フィルタ アイコンをクリックします。
  • [フローの詳細] を選択すると、次のスクリーンショットのように、現在選択されているグループのフロー詳細テーブルが表示されます。ここには、選択期間内に発生し、現在のグループに含まれる仮想マシンでアクティブになっているフローの詳細が表示されます。この詳細には、フロー タイプ、フローの送信元グループと宛先グループ、フローの開始時間と終了時間、使用されたサービスなどが表示されます。詳細情報の一部をクリックすると、より詳しい情報が表示されます。詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。