仮想マシン (VM) ビューのノードは、オンプレミスの NSX-T Data Center 環境内の仮想マシン (VM) を表します。

仮想マシン ビューのノードと矢印

仮想マシン ビューでは、グループの境界が表示されません。 NSX-T Data Center 環境内のいずれかの仮想マシンと通信していて、 NSX-T Data Center インベントリに属していないと判断されたノードも、仮想マシン ビューに表示されます。次に、シンプルな仮想マシン ビューを示します。

次の表に、ビューに表示される仮想マシン ノードの種類を示します。
仮想マシン ノードの種類 アイコン 説明
通常の仮想マシン

通常の仮想マシン ノードは、NSX-T Data Center 環境内に存在する 1 台の仮想マシン (VM) を表します。1 台の仮想マシンが複数のグループに属している場合もあります。
パブリック IP

パブリック IP ノードは、NSX-T Data Center 環境と通信を行っているパブリック IP アドレス(IPv4 または IPv6)を表します。
IP アドレス

IP ノードは、選択期間にネットワーク トラフィック アクティビティに参加した IP アドレスを表します。この IP アドレスは、ユニキャスト IP、ブロードキャスト IP、マルチキャスト IP の場合があります。

仮想マシン ビューが表示されない場合は、[セキュリティ ビュー] 選択領域の [グループ] の隣にある下矢印をクリックして、[仮想マシン] を選択します。表示された選択ドロップ リストで、[すべての仮想マシン] を選択するか、リストから特定の仮想マシンを選択して、[適用] をクリックします。選択リストをフィルタリングするには、[検索] テキスト ボックスを使用します。何も選択せずに選択ドロップ リスト以外の場所をクリックするか、ドロップ リストから [すべての仮想マシン] を選択すると、仮想マシン ビューに [すべての仮想マシン] オプションが適用されます。

仮想マシン ノード間の矢印は、選択期間内に仮想マシン間で発生したトラフィック フローを表します。詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。

仮想マシン ビューでのノードの選択

仮想マシン ノードをポイントすると、次の例のように、ノードに関する情報が表示されます。選択期間内に検出された仮想マシンのフロー数と種類も表示されます。選択期間内にグループが追加された場合、新しいバッジ アイコンと、仮想マシンの追加先に関する詳細が表示されます。

仮想マシンのノードをクリックすると、選択範囲が点線の円で囲まれ、固定された仮想マシン ノードとしてマークされます。仮想マシン ビューでは、固定された仮想マシン ノードとトラフィック フローを共有している他の仮想マシン ノードも分かりやすく表示されます。他のノードはすべて淡色表示になり、見づらくなります。選択内容の固定を解除するには、仮想マシン ビューの空白領域をクリックします。

仮想マシン ビューをズームアウトし、仮想マシン ノードの詳細が見えなくなった場合は、仮想マシン ノードの表示部分をポイントします。仮想マシンの詳細が表示されます。

仮想マシン ビューで使用可能なアクション

仮想マシンのノードを右クリックすると、次の図のように、使用可能なアクションのコンテキスト メニューが表示されます。

選択 説明
[フィルタ基準] 現在の仮想マシン ビューに使用されている表示フィルタに仮想マシンが追加されます。
[仮想マシン情報] 選択期間内の仮想マシンの詳細が表示されます。
[関連グループ] 選択期間内に仮想マシンが属していたグループの情報がグループ テーブルに表示されます。
[フローの詳細] 完了したフローの詳細と、選択期間内に仮想マシンでアクティブになっているフローの詳細が表示されます。
注: 選択した期間中のアクティブなフローは、詳細が表示された時点で 2.5 分以上経過しています。
次の情報が含まれます。
  • フロー タイプ
  • フローの送信元と宛先のグループ
  • フローの開始時刻と終了時刻
  • 使用されたサービス
詳細情報の一部をクリックすると、より詳しい情報が表示されます。詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。
[推奨の開始] 新しい推奨開始ウィザードを表示します。詳細については、NSX Intelligence 推奨事項の操作を参照してください。