発行の準備完了使用可能な推奨はありません または 失敗 状態の横に変更の検出アイコンが表示されている場合は、推奨に使用される入力エンティティの元の範囲で変更を確認します。必要に応じて、推奨分析を再実行します。

変更の検出アイコン は、以前の推奨の生成に使用された入力エンティティの一部が変更されていることを示します。たとえば、仮想マシンがグループから削除されたときや、新しい仮想マシンが入力グループに追加されたときに、入力グループのメンバーシップが変更されます。

前提条件

手順

  1. ブラウザから、必要な権限で NSX Manager (https:<nsx-manager-ip-address>) にログインします。
  2. [プランとトラブルシューティング] > [推奨] の順に選択します。
  3. 変更を確認せずに推奨を再実行するには、次のいずれかの方法を選択します。
    • 状態の右側に表示されている変更の検出アイコン をクリックして、[推奨の再実行] を選択します。
    • 推奨行の左端にある 3 つのドットのメニュー をクリックして、[再実行] を選択します。
  4. 推奨分析を再実行する前に検出された変更を確認するには、次のいずれかの方法を選択します。
    • 状態の右側に表示されている変更の検出アイコン をクリックして、[範囲内の変更の表示] を選択します。
    • また、推奨行の左端にある 3 つのドットのメニュー をクリックして、[範囲内の変更の表示] を選択することもできます。
  5. [範囲内の変更の表示] ダイアログ ボックスで変更を確認します。
    次のようなダイアログ ボックスが表示されます。

    ダイアログ ボックスの上半分に表示されるグラフは、以前の推奨が生成されてから追加または削除された仮想マシンを示しています。この例では、仮想マシン ノードに追加または削除のバッジ アイコンが表示され、状態の変化を表しています。

    1. [すべてのフロー][すべての仮想マシン] タブをクリックして、推奨の生成に使用されるフローと仮想マシンを確認します。
    2. 入力エンティティとして使用されている仮想マシンの変更を確認するには、[追加された仮想マシン] または [削除された仮想マシン] タブをクリックします。
    3. ダイアログ ボックスを終了するには、[閉じる] をクリックします。
    4. 別の推奨分析を行うには、[推奨の再実行] をクリックします。

結果

[推奨の再実行] を選択すると、以前に生成された推奨が削除され、リストアできなくなります。NSX Intelligence は、変更された入力エンティティを推奨の境界として使用して、推奨を再生成します。選択期間内に新たに検出されたフローと仮想マシンも推奨の分析対象になります。元の入力エンティティから削除された仮想マシンのトラフィック フローは分析対象になりません。

次のタスク

新しい推奨が 発行の準備完了 状態になったら、生成された推奨事項の確認と発行 の情報を使用して推奨を確認します。