NSX Intelligence ユーザー インターフェイスでは、NSX-T Data Center のエンティティ、トラフィック フロー、NSX-T Data Center 環境内の特定のアクティビティを視覚的に表示するため、いくつかのグラフィック要素が使用されています。

次の表に、NSX Intelligence に表示される NSX-T Data Center グラフィック要素を示します。

グラフィック要素 説明


このアイコンはグループを表します。グループは、セキュリティ ポリシーを適用できる仮想マシンのコレクションを表します。このセキュリティ ポリシーには、East-West ファイアウォール ルールも含まれます。グループ ビューの操作 を参照してください。


このアイコンは、NSX-T Data Center 環境に存在する 1 台の仮想マシン (VM) を表します。1 台の仮想マシンが複数のグループに属している場合もあります。仮想マシン ビューの操作 を参照してください。


このアイコンは、インターネットのパブリック IP を表します。選択期間内に NSX-T Data Center 環境の少なくとも 1 台の仮想マシンがパブリック IP と通信した場合、そのトラフィック フローは現在の表示に含まれます。


このアイコンは、選択期間内にネットワーク トラフィック アクティビティに参加したユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャスト IP などの IP アドレスを表します。


このアイコンは、グループに属していない仮想マシンのグループに使用されます。


矢印は、選択した期間に 2 台の仮想マシン間で発生したネットワーク トラフィックのフローを表します。3 種類の矢印があります。
  • 赤い点線の矢印は、保護されていないフローを表します。
  • 青い実線の矢印は、ブロックされたフローを表します。
  • 緑の実線の矢印は、許可されたフローを表します。
詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。


フォーカスで現在のノードとして選択されているノードは、点線の円で囲まれています。これは、選択モードで固定されたノードで、現在のビューで表示されます。


選択期間内にグループが NSX-T Data Center インベントリに追加されると、このアイコンがグループ ノードの境界に表示されます。選択期間内に NSX-T Data Center が仮想マシンを検出すると、その仮想マシン ノードの境界にこのアイコンが表示されます。


選択期間内にグループが削除され、仮想マシン メンバーが削除されなかった場合、このアイコンがグループ ノードの境界に表示されます。このアイコンが仮想マシン ノードの境界に表示されている場合、この仮想マシンは選択期間内に削除されています。仮想マシンまたはグループは削除されていますが、選択期間内に仮想マシンまたはグループが削除されたことを示す履歴ビューを提供するため、このアイコンが表示されています。


グループと仮想マシンを一緒に表示している場合、このアイコンが表示されます。たとえば、詳細なグループ ビューや、グループに関連する仮想マシンで表示されます。
このアイコンは、次の場合に仮想マシン ノードの境界に表示されます。
  • 選択期間内に、仮想マシンが現在表示されているグループから移動した場合
  • 選択期間のある時点で、仮想マシンが現在表示しているグループの一部であったが、そのグループのメンバーでなくなった場合