NSX Intelligence ホーム ページにアクセスするには、NSX Manager ユーザー インターフェイスで [プランとトラブルシューティング] > [検出とアクションの実行] の順にクリックします。

NSX Intelligence を初めてインストールして構成した後、[検出とアクションの実行] をクリックすると、一部のネットワーク トラフィック データが NSX Manager から受信された後に NSX Intelligence が可視化を開始します。

デフォルトでは、 [検出とアクションの実行] をクリックすると、オンプレミス NSX-T Data Center のすべてのグループのセキュリティ状態が表示されます。これらのグループでは、直近の 24 時間に仮想マシン (VM) のワークロード間で許可、ブロック、未保護のトラフィック フローが発生している可能性があります。定義されているグループがない場合、グループは表示されません。どのグループにも属していない仮想マシンがある場合、未分類の仮想マシン グループのアイコンが表示されます。

グループが定義され、トラフィック データが収集されている場合は、次のスクリーンショットのように情報が視覚的に表示されます。次の表では、スクリーンショット内で番号の付いているセクションについて説明します。



セクション 説明
1

セキュリティ ビューの選択領域では、表示するセキュリティのタイプを選択します。使用できるセキュリティ ビューは、[グループ][仮想マシン] の 2 つです。[検出とアクションの実行] をクリックすると、デフォルトでは、NSX-T Data Center 内で直近 24 時間に保護解除のフロー トラフィックが発生したグループ オブジェクトのグループ ビューが表示されます。

  • 仮想マシン ビューを選択するには、[グループ] の横にある下矢印をクリックして、[仮想マシン] を選択します。
  • ビューに表示する特定のグループまたは仮想マシンを選択するには、[すべて] の横にある下矢印をクリックして、リストから選択します。
  • 選択したフィルタをクリアするには、画面の右上にある [クリア] をクリックします。仮想マシン ビューで [クリア] をクリックすると、フィルタがクリアされ、グループ ビューが表示されます。

2 つのビュー タイプの使用方法については、グループ ビューの操作仮想マシン ビューの操作を参照してください。

2 [フィルタの適用] 領域で、表示に使用する基準を調整できます。[フィルタの適用] ラベルをクリックした後、ドロップダウン リストから可視化に使用する基準を選択できます。 オブジェクト ID、オブジェクト パス、メンバー、タグ、フロー タイプ、送信元 IP、宛先 IP、宛先ポート、プロトコル、IPv4 CIDR 表記、サービス名、ルール ID、またはルール名でフィルタリングできます。[フィルタの適用] ラベルを再度クリックして、適用する複数のフィルタを指定できます。
3 [フロー] セクションでは、選択期間内で表示するトラフィック フロー タイプを選択できます。このセクションでは、フロー タイプに使用される色も表示されます。
  • [保護解除] フローには、赤色の破線が使用されます。
  • [ブロック] フローには青色の実線が使用されます。
  • [許可] フローには緑色の実線が使用されます。
デフォルトでは、現在の NSX Intelligence の表示にすべてのトラフィック フロー タイプが選択されています。詳細については、トラフィック フローの操作を参照してください。
4 表示モード セクションでは、表示に使用するテーマを定義します。ライト テーマがデフォルトの表示モードです。
  • ダーク テーマ モードを使用するには、[ダーク] アイコンをクリックします。ダーク テーマは、全画面表示モードの場合にのみ使用できます。
  • 全画面表示モードに切り替えるには、表示コントロール セクションで をクリックします。
5 このセクションで選択した期間に基づいて、表示と推奨事項を生成するために使用されるネットワーク フロー データが決まります。選択内容によって、グループ ビューまたは仮想マシン ビューで使用される履歴データが決まります。期間は、現在の時間と過去の一定の期間に対応しています。

デフォルトの期間は [直近 24 時間] です。選択期間を変更するには、現在の選択期間をクリックして、ドロップダウン リストから別の期間を選択します。[直近 1 時間][直近 12 時間][直近 24 時間][直近 1 週間] または [直近 1 か月] を選択できます。

6 歯車のアイコンをクリックすると、[NSX Intelligence のプライベート IP 範囲の設定] ダイアログ ボックスが表示されます。NSX Intelligence は、ダイアログ ボックスに表示されている CIDR 表記のいずれかに含まれる IP アドレスをプライベート IP アドレスとして分類します。これらの CIDR 表記のいずれにも属していない IP アドレスは、パブリック IP アドレスとして分類されます。仮想マシンの IP アドレスがこれらの CIDR 表記のいずれにも該当しない場合は、このダイアログ ボックスで CIDR 表記を追加することを検討してください。
7 このキャンバス セクションには、オンプレミスの NSX-T Data Center にあるグループまたは仮想マシンのセキュリティ状態が表示されます。選択期間中に発生したネットワーク トラフィック フローも表示されます。このセクションで特定のノードまたはフローの矢印をポイントすると、そのエンティティの詳細が表示されます。

詳細については、NSX Intelligence グラフィック要素についてビューとフローについてを参照してください。

8 このセクションには、ズームイン、ズームアウト、1:1 縦横比の適用、ビューのサイズ調整、全画面表示モードへの切り替えを行うコントロールが表示されます。表示コントロールはキーボード ホットキーで管理することもできます。[キーボード ショートカットのヘルプ] ウィンドウを表示するには、[Shift +/] を押します。

以前に表示されていた内容に戻すには、Web ブラウザの [戻る] ボタンを使用します。全画面表示モードで同様の操作を行うには、画面左上にある [戻る] をクリックします。