NSX Manager ユーザーインターフェイス (UI) を使用して、現在の NSX Intelligence バージョン 1.1.x のアプライアンスを以降のバージョンのアプライアンスにアップグレードします。

NSX Intelligence バージョン 1.1 以降では、NSX Intelligence バージョン 1.1 以降のアプライアンスのアップグレードに使用できるのは NSX Manager UI のみです。CLI を使用してアプライアンスをアップグレードすることもできますが、CLI によるアップグレードでは重要なアップグレード前チェックが行われません。アップグレード バンドルのファイルタイプは、MUB にする必要があります。

注意: アップグレード プロセスの実行中に NSX Intelligence アプライアンスを手動でパワーオフしないでください。これはアップグレード プロセスの中で再起動されます。

前提条件

  • NSX Intelligence アプライアンス バンドル (.mub) ファイルをダウンロードします。NSX Intelligence アプライアンスのアップグレード バンドルのダウンロード を参照してください。
  • MUB ファイルを NSX Manager ホストにアップロードするために十分な容量が NSX Manager ホストの /image パーティションにあることを確認します。
  • NSX Intelligence アプライアンスの /image/tmp パーティションに、NSX Intelligence アップグレード バンドルのアップロードと検証に十分な容量がある必要があります。

手順

  1. ブラウザから、エンタープライズ管理者の権限で NSX Manager (https://<nsx-manager-ip-address>) にログインします。
  2. NSX Manager で、[システム] > [アップグレード] の順に選択します。
  3. NSX Intelligence アプライアンス カードを探して、[NSX Intelligence のアップグレード] をクリックします。
  4. [アップグレード バンドル] ペインで、次の情報に基づいてアップグレード バンドルのアップロード方法を決めます。
    • MUB アップデート バンドルをローカルのデータストアにダウンロードした場合は、[MUB ファイルのアップロード] を選択します。
    • MUB アップデート バンドルをリモートの Web サーバにダウンロードした場合は、[リモートからのアップロード] を選択します。
  5. 次の情報を使用して、アップグレード バンドルのファイル名を入力します。
    重要: 入力する MUB ファイルの名前は、VMware 製品のダウンロード ポータルからダウンロードしたアップグレード バンドル ファイルと完全に一致する必要があります。
    1. [MUB ファイルのアップロード] を選択した場合は、[ファイルの選択] をクリックして、MUB ファイルをダウンロードした場所に移動し、ファイルを選択します。
    2. [リモートからのアップロード] を選択した場合は、リモートの Web サーバにダウンロードした MUB ファイルの完全な URL を入力します。
  6. [ファイルのアップロード] をクリックします。
    アップロードには時間がかかることがあります。アップグレード バンドルのアップロードと検証の進行状況が表示されます。アップロードを途中で停止する場合は、 [キャンセル] をクリックします。バンドル アップロードのキャンセルを確認するメッセージが表示されます。アップグレード プロセスを再開する場合は、バンドルを再度アップロードする必要があります。
  7. アップグレード バンドルが正常にアップロードされたら、[アップグレードの開始] をクリックします。
    Upgrade Coordinator が、NSX Intelligence のアップグレード情報を使用してアップグレードされます。Upgrade Coordinator は NSX Manager で実行されます。これは、 NSX Intelligence とその他の NSX オブジェクトのアップグレード プロセスを調整する自己完結型の Web アプリケーションです。Upgrade Coordinator により、適切な順序でアップグレードを行うことができます。アップグレード プロセスは、ユーザー インターフェイスから追跡できます。
  8. Upgrade Coordinator が正常に更新されると、現在インストールされている NSX Intelligence アプライアンスのバージョンと、アプライアンスのアップグレードに使用するターゲットのバージョンが [サマリ] タブに表示されます。
    注: メンテナンス リリースをアップグレードするときに、メンテナンス バンドルを使用して NSX Intelligence Upgrade Coordinator をアップグレードした後に NSX Manager のアップグレードを続行する場合は、 NSX Manager のアップグレードが完了したときに、前述の手順 1 ~ 8 を繰り返す必要があります。
  9. [事前チェックの実行] をクリックします。
    NSX Intelligence アプライアンスの健全性が検証されます。また、アップグレードの事前チェック プロセスにより、 NSX-T Data Center アプライアンスのアップグレードが進行中かどうかが確認され、それに応じて処理が実行されます。事前チェックでエラーが見つからなかった場合、 NSX Intelligence アップグレード カードに緑色の Ready という文字とチェックマークのアイコンが表示されます。事前チェックでエラーが見つかった場合は、エラー メッセージが表示されます。
  10. [次へ] をクリックします。
  11. [NSX Intelligence アプライアンスのアップグレード] タブで、表示されているターゲット バージョン、アップグレード ユニット、IP アドレスが正しいことを確認します。
  12. [アップグレードの開始] をクリックします。
    テーブルの [状態] 列が 開始前 から 進行中 に変わり、 [詳細] の横にアップグレードの進行状況が表示されます。
    注: /data パーティションが大きい場合、サイズの大きいパーティションからデータをコピーする処理が完了するまでに時間がかかることがあります。

    エラーが発生した場合は、[状態] 列の値が Failed に変わります。[詳細] に表示されているエラー情報を確認するか、[最新のログ] をクリックしてアップグレード プロセスのログ出力を確認します。発生したエラーの解決に必要なアクションを確認します。

  13. (オプション) アップグレードが失敗し、アップグレードを安全に再試行できると判断した場合は、[アップグレードの再試行] をクリックします。
    前回の試行で正常に完了したアップグレード手順は実行されません。失敗したアップグレード プロセスの手順が再試行されます。すべてのアップグレード手順が正常に完了すると、 Upgrade Successful バナー メッセージが表示され、テーブルの [状態] の値が Upgraded に変わります。
  14. [終了] をクリックします。
    新しいアプライアンスのバージョンと完了したアップグレードのサマリが NSX Intelligence アプライアンス カードに表示されます。

次のタスク

[プランとトラブルシューティング] > [検出とアクションの実行] の順に移動し、データ フローの可視化が変更されていないことと、新しいトラフィック フロー データが期待どおりに収集されていることを確認します。