サーバ仮想化では、ソフトウェア ベースの仮想マシンの作成、削除、リストア、およびスナップショットの作成をプログラムによって行います。NSX-T のネットワーク仮想化は、ほぼ同じ方法で、ソフトウェア ベースの仮想ネットワークを作成、削除、リストア、およびスナップショットの作成を行います。

ネットワーク仮想化では、ネットワーク ハイパーバイザーと同等の機能によって、レイヤー 2 からレイヤー 7 までのネットワーク サービス(スイッチング、ルーティング、アクセス制御、ファイアウォール、QoS など)をソフトウェアで完全に再現します。プログラムでこれらのサービスを任意に組み合わせ、独自の隔離された仮想ネットワークをわずか数秒で構築できます。

NSX-T は、管理プレーン、制御プレーン、およびデータ プレーンの 3 つのプレーンを実装することで機能します。それぞれ独立し、相互に連携する 3 つのプレーンは、管理ノード、制御ノード、およびトランスポート ノードの 3 種類のノードに、プロセス、モジュール、およびエージェントのセットとして実装されます。

  • すべてのノードで管理プレーン エージェントをホストします。

  • NSX Manager ノードは API サービスをホストします。NSX-T インストールはそれぞれ単一の NSX Manager ノードをサポートし、NSX Manager クラスタをサポートしません。

  • NSX Controller ノードは、統合制御プレーンのクラスタ デーモンをホストします。

  • NSX Manager および NSX Controller ノードは、同一の物理サーバ上でホストできます。

  • トランスポート ノードは、ローカル制御プレーンのデーモンと転送エンジンをホストします。