NSX Manager は、コントローラ、論理スイッチ、Edge Services Gateway などの、NSX-T コンポーネントの作成、設定、監視を行うためのグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) と REST API を提供します。

NSX Manager は、NSX-T エコシステムの管理プレーンです。NSX Manager は、NSX-T のネットワーク集中管理コンポーネントで、集約されたシステム ビューを提供します。NSX-T で作成された仮想ネットワークに関連するワークロードの監視とトラブルシューティングの方法を提供します。後述の設定と連携が可能です。

  • 論理ネットワーク コンポーネント:論理的なスイッチングとルーティング

  • ネットワークと Edge サービス

  • セキュリティ サービスと Distributed Firewall: Edge サービスとセキュリティ サービスは、NSX Manager の組み込みコンポーネントとして、または連携するサードパーティ ベンダーから提供されます。

NSX Manager では、組み込みサービスと外部サービスとのシームレスな連携が可能です。組み込みまたはサードパーティに関係なく、すべてのセキュリティ サービスが NSX-T の管理プレーンで展開、設定されます。管理プレーンでは、1 つの画面で複数のサービスの可用性を確認できます。また、ポリシー ベースのサービス チェーン、コンテキスト共有、サービス間イベントを容易に操作できます。これにより、セキュリティ状態の監査を簡素化し、ID ベースの制御(Active Directory やモビリティ プロファイルなど)を効率的に適用できるようになります。

NSX Manager は、コンポーネントの使用を自動化するための REST API エントリ ポイントにもなります。この柔軟なアーキテクチャにより、任意のクラウド管理プラットフォーム、セキュリティ ベンダー プラットフォーム、または自動化フレームワークを通じて、設定と監視に関するあらゆる要素を自動化できます。

NSX-T の管理プレーン エージェント (MPA) は、すべてのノード(ハイパーバイザー)に常駐する NSX Manager のコンポーネントです。MPA は、システムの適切な状態を維持し、また設定、統計、ステータス、リアルタイム データなどのフロー制御以外 (NFC) のメッセージをトランスポート ノードと管理プレーンの間でやりとりする役割を担います。